窪田正孝から杉咲花に「朝ドラ」バトンタッチ 「自分の感性を大事に挑めば大丈夫」

窪田正孝から杉咲花に「朝ドラ」バトンタッチ 「自分の感性を大事に挑めば大丈夫」

  • エンタメOVO(オーヴォ)
  • 更新日:2020/11/20
No image

恒例のプレゼント交換を行った窪田正孝(左)と杉咲花

NHKの連続テレビ小説“バトンタッチ”セレモニーが19日、NHK大阪放送局で行われ、放送中の「エール」に主演した窪田正孝と、次期朝ドラ「おちょやん」でヒロインを演じる杉咲花が出席した。

来週、最終回を迎える「エール」から、11月30日放送開始の「おちょやん」へ、主演同士の一足早い恒例のバトンタッチが行われた。

窪田は、杉咲に「撮影期間が約1年と長く、我慢し続けると、どこかで反動が出てしまうので、スタッフやキャストの皆さんとたくさんコミュニケーションを取って本音で言い合える関係性を築くことが、長い撮影期間を乗り切るコツです」とアドバイス。

続けて、「杉咲さんは、感性豊かな方ですので、自分の感性を大事に作品に挑んでいければ大丈夫だと思います!」と笑顔で語った。

杉咲は、窪田に「長期間の撮影お疲れさまでした。毎朝メーク室で『エール』を拝見しています。相手を思いやる気持ちの温かさが真っすぐに伝わってくる、すてきな作品だと感じています」と明かした。

恒例のプレゼント交換では、窪田が「福島産・木成(きなり)完熟りんご」を、杉咲が「『おちょやん』特製デザインの座布団」をそれぞれ手渡した。杉咲はりんごを手に「みんなでおいしくいただきます」と喜んだ。

また、視聴者に向けて、窪田は「最終週は、妻・音役を演じてくれた二階堂ふみさんと2人の夫婦道の集大成となります。朝ドラ史上例をみない形での終わり方になると思います」とコメント。

一方、杉咲は「おちょやん」の見どころを、「おかしいなあ、と笑えるのに涙が出たり、悲しいのに、くすっと笑えるような作品になっていると思います」とアピールした。

No image

窪田正孝(左)と杉咲花

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加