巨人・井上温大が待望のプロ初勝利 「うまくいかないことがいっぱいあったんですけど...」

巨人・井上温大が待望のプロ初勝利 「うまくいかないことがいっぱいあったんですけど...」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/09/23
No image

巨人先発・井上温大(撮影・中島信生)

(セ・リーグ、中日3―9巨人、23回戦、巨人13勝10敗、23日、バンテリンD)巨人の3年目左腕、井上温大投手(21)が6回7安打3失点で、7戦目(先発は4度目)にして待望のプロ初勝利をつかんだ。

育成落ちを経験しながらも、今季1軍デビューしてたどり着いた白星。お立ち台では初々しい笑顔を浮かべ、「なかなかうまくいかないことがいっぱいあったんですけど、トレーナーさん、監督、コーチ、チームメートの皆さんが優しい声をかけてくれたので、ここまで来ることができました」と喜んだ。

今季、チーム内でプロ初勝利を挙げたのは3月31日の堀田(先発、3年目)、4月2日の戸田(救援、2年目)、同3日の赤星(先発、1年目)、同9日の大勢(救援、1年目)、同21日の平内(救援、2年目)、同28日の山崎伊(先発、2年目)、8月14日の直江(先発、4年目)に続いて8人目となり、同一シーズンではプロ野球最多となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加