女子アナ界の風雲児!2000億円婚だけじゃないカトパンの異色伝説

女子アナ界の風雲児!2000億円婚だけじゃないカトパンの異色伝説

  • 女性自身
  • 更新日:2021/06/09
No image

すべての画像を見る

《改めてのご報告となりますが昨日結婚致しました 沢山の方からお祝いの言葉を頂き少しずつ実感が湧いてきたところです》

Instagramにこうつづったのは、フリーアナウンサーの加藤綾子(36)。彼女は6月7日、結婚を発表した。

報道各社に送付した直筆メッセージで、彼女はパートナーを「一般の方」と表現している。いっぽう『文春オンライン』によると、お相手は約60店舗のスーパーマーケットを展開する“年商2,000億円企業の2代目社長”だという。

一般的に見れば玉の輿ともいえるが、そもそも彼女は“アナウンサー界の女王”。08年にフジテレビのアナウンサーになると、入社半年でレギュラーを任されることに。その番組名と同じ“カトパン”の愛称で親しまれることとなり、入社2年目で明石家さんま(65)の番組『ホンマでっか!?TV』の司会に大抜擢されることとなった。

さらに、12年4月には同局を代表する情報番組『めざましテレビ』のメインキャスターにも就任。カトパンは、フジテレビの“顔“として数々の現場を渡り歩いてきた。

実は彼女、国立音楽大学が母校という異色の肩書きを持つのだ。

「加藤アナは当初『アナウンサーか音楽の先生になれたら』と考えていたといいます。ですから入社面接時からガツガツしていなかったそうで、その無欲さがむしろ異彩を放つことに。日本テレビやTBSからも内定をもらったもののフジテレビに入社。分け隔てない人柄が、社内でも愛されていました。

いっぽうで、ほかの女子アナの悪口を話す先輩に『何がわかるんですか!』と一喝したことも。そうした芯の強さも併せ持っており、彼女のことを悪く言う人はほとんどいません」(フジテレビ関係者)

■人柄、仕事ぶり、知名度と人気ーー。カトパンの“下克上伝説”

カトパンは16年4月に局を退社し、フリーアナウンサーとなった。その半年後に出演した『ボクらの時代』(フジテレビ系)では「フリーであれば、自由に仕事の量を調節できる」と退社の理由を明かしている。

その前年、生放送中に意識を失い倒れてしまった彼女。そのため健康のことを考え、フリーを選択することにしたとも番組で話している。

「フリー転身後はアナウンサー業だけでなく女優業にも進出し、18年にはNHKの朝ドラ『半分、青い。』に出演しました。そして同年8月、Instagramをスタートするとわずか3日でフォロワーが13万9,000人に! その人気ぶりを改めて知らしめることとなりました」(芸能関係者)

人柄、仕事ぶり、そして圧倒的な知名度と人気を誇る“カトパン伝説”。異色の経歴ながらも他の女子アナたちを凌駕する姿は、まさに“女子アナ界の風雲児“といえるだろう。

そんなカトパンが今、もっとも力を入れているのはフジテレビのニュース番組『Live News イット!』。19年4月の番組開始時からメインキャスターを務めており、現在3年目となる。

「加藤アナはもともとバラエティ畑で、ニュースキャスターとしての実力は未知数でした。にもかかわらず番組に起用されたのは、フジテレビの人材育成が追いついていないという事情もあったそのでしょう。そこで古巣の窮地を救うべく、彼女は立ち上がったんです。いまや新聞数紙に目を通し、ときには自ら進んで取材することもあるそうです。

学生時代の加藤アナはあまり自分に自信がなく、人前に立つことが得意ではなかったといいます。ですが、今はそうした経験を原動力に、人前で話す喜びを噛み締めながら“前進あるのみ”と考えているそうです」(前出・フジテレビ関係者)

人生のパートナーとともに、さらなる“伝説”を作り上げるかもーー。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加