朝倉未来が久々に“挑戦者”として挑む「メイウェザー戦」に注目すべき理由

朝倉未来が久々に“挑戦者”として挑む「メイウェザー戦」に注目すべき理由

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2022/09/23
No image

「超 RIZIN」「RIZIN.38」 / ※提供写真

【写真】注目の「朝倉未来 vsメイウェザー」

「超 RIZIN」「RIZIN.38」(さいたまスーパーアリーナ)の開催が9月25日に迫っている。注目は何といっても、「超 RIZIN」のメインカードである、総合格闘家の朝倉未来と、プロボクシング元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザーによるエキシビジョンマッチだ。

YouTube界でも大人気の朝倉未来

今回の試合は、朝倉にとって久しぶりの“胸を借りる”一戦になる。今や格闘技ファン以外にも広く知られる「RIZIN」きってのスター選手となった朝倉。2019年4月21日に開催された「RIZIN.15」のルイス・グスタボ戦に勝利した直後に、YouTubeチャンネルを開設しており、YouTubeで頭角を現すのに、さほど時間はかからなかった。

同年6月5日に公開した「街の喧嘩自慢にプロ格闘家がスパーリングを申し込んだらやるのかやらないのか」と題した動画が大バズりして以来、YouTubeにおけるヒットの指標の一つである100万再生超えを連発。特に、ぼったくりバーに潜入するなどのアウトロー路線の企画と、腕に覚えのあるYouTuber・有名人たちとスパーリングをする企画が評判を呼び、たちまち人気YouTuberの仲間入りを果たした。

「RIZIN」看板選手の一人になった朝倉未来

こうしたYouTubeでの活躍もあってか、朝倉は「RIZIN」の看板選手の一人になり、追う側から追われる側へ立場が変わった。世間の関心が注がれる中で、朝倉は矢地祐介、ジョン・マカパ、ダニエル・サラス相手に立て続けに勝利し、ファンには吉報を届け、“アンチ”に対しては結果で黙らせ続けた。

ところが、2020年11月21日に行われた「RIZIN.25」のRIZIN初代フェザー級王座決定戦では斎藤裕に判定負け。続く、同年大晦日に実施された弥益ドミネーター聡志戦で勝利を収めたものの、翌2021年6月13日のクレベル・コイケ戦では再び敗れてしまう。

前田日明が送っていたアドバイス「金を持つということはすごい怖いこと」

クレベル戦の直後、師匠格にあたる元プロレスラーの前田日明は、自身のYouTubeチャンネルを更新。かつて朝倉に「金を持つということはすごい怖いことだよ」とアドバイスを送ったと振り返りつつ、今回の愛弟子の敗戦について「行く時に行けなくなる。死ぬのは怖くないけど、死ねなくなる。死ぬのは怖くないっていうやつはごまんといる。でも、死ねなくなる。有名になったり、金を持ったりするとね」と説いた。

実際に、朝倉は元ボクシング世界チャンピオンの内山高志氏のYouTubeチャンネルにて、現在会社をおよそ15個経営し、年収が30億円ほどあると明かしている。格闘家でありながら実業家でもある朝倉は、もはや自分ひとりの身体ではない。背負うものがあるからこそ力を発揮できるという側面もあるだろうが、反面、自分の敗北一つで抱えている多くの社員・スタッフの生活に影響を及ぼす怖さもあるだろう。

レジェンド中のレジェンド…50戦無敗のメイウェザー

しかし、今回の「超 RIZIN」における一戦は、相手はあのメイウェザーだ。WBCスーパーフェザー級、ライト級、スーパーライト級、ウェルター級、スーパーウェルター級の5階級で王座に就いたレジェンド中のレジェンドであるメイウェザー。プロボクシングにおける戦績は50戦50勝27KOで、エキシビジョンマッチにおいてさえ引き分けこそあれ、土をつけられたことは一度もない。

元ボクシング世界六階級王者のマニー・パッキャオや、総合格闘技大会「UFC」のカリスマ選手、コナー・マクレガーさえも敵わなかった史上最強のボクサーに、ボクシング経験のない朝倉が勝つことは、多くの有識者が指摘する通り、非常に困難といえるだろう。

だからこそ、朝倉には挑戦者として怪我には気を付けつつ、思い切りの良い試合をしてもらいたい。そして、何かを起こしてくれる、持ち前のスター戦をここ一番で発揮し、波乱を巻き起こしてもらいたいところだ。久しぶりにチャレンジャーの立場で強敵に挑む朝倉の戦いに、目が離せない。

このほか、「超 RIZIN」では、8月31日にハワイで開かれた記者会見で朝倉を突き飛ばしたメイウェザーのボディーガード・ジジと、キックボクサー・皇治の一戦、さらに、「RIZIN.38」では堀口恭司vs金太郎など、注目のカードが多数組まれている。「ABEMA PPV」などで全試合完全生中継されることも決定している「超 RIZIN」「RIZIN.38」。各試合がどんな結末を迎えるのか、9月25日のゴングを楽しみに待ちたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加