【アクシデント】福岡大遊撃手と二塁塁審が激突 自ら交代申し出てベンチへ

【アクシデント】福岡大遊撃手と二塁塁審が激突 自ら交代申し出てベンチへ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/10
No image

国学院大対福岡大 8回表国学院大1死一、三塁、瀬戸の放った打球に反応するが、審判と接触し倒れ込む福岡大・永江(右)(撮影・河田真司)

<全日本大学選手権:国学院大-福岡大>◇10日◇準々決勝◇神宮球場

国学院大(東都)と福岡大(九州6大学)の準々決勝で、二塁塁審と福岡大の遊撃手が激突するアクシデントが発生した。

1-1で迎えた8回1死一、三塁、国学院大の山本ダンテ武蔵外野手(4年=大阪桐蔭)の打球が、中堅方向へ飛んだ。

福岡大の遊撃手永江大樹内野手(4年=東福岡)もうしろに下がったが、その際に二塁の柿沼塁審と激突し転倒。打球は、仲田慶介外野手(4年=福岡大大濠)が猛ダッシュで捕球し、1死となった。

永江はベンチから駆けつけたトレーナーらに支えられてベンチ裏に下がり、治療を受けた。

その後、一度はグラウンドに登場しボール回しに入ったが、右肩を気にして自ら交代を申し出てベンチへ下がった。

二塁手の桜田晃生内野手(3年=真颯館)が遊撃手に回り、二塁手に瀬井裕紀内野手(4年=西日本短大付)が入った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加