ロラパルーザで演出の花火が顔面に直撃、ロラパルーザで人気ラッパーが目を負傷

ロラパルーザで演出の花火が顔面に直撃、ロラパルーザで人気ラッパーが目を負傷

  • FRONTROW
  • 更新日:2022/08/06
No image

ラッパーのリル・ダークが、ロラパルーザ(Lollapalooza)の公演中に演出であがる花火を顔面で受け止める事態が発生した。(フロントロウ編集部)

リル・ダークの顔面に花火が直撃

毎年約40万人が集まる、アメリカを代表するフェスの1つであるロラパルーザ(Lollapalooza)が7月28~31日にシカゴのグラント・パークで開催され、メタリカ、デュア・リパ、グリーンデイ、ドージャ・キャット、マシン・ガン・ケリーなどがパフォーマンスした。

[ 関連記事を読む - 海外セレブ ]

そんなロラパルーザでは、2021年に米BillboardHot100に最もチャートインしたラッパーのリル・ダークも登場。

売れっ子ラッパーがパフォーマンスするということで会場には多くの人が押し寄せ、盛りあがりを見せるなか、最後の最後にリル・ダーク本人にハプニングが発生。ステージ中央から端にいるファンのところに行こうとした時、ステージ下に設置されていた花火がリル・ダークの顔面に直撃。

本来であればそのまま天高くあがるはずが、リル・ダークが爆発のタイミングで装置にかなり近づきすぎていたのか、1発だけでなく2発ほど顔面に当たった。リル・ダークは花火が直撃すると、そのままTシャツで顔を抑え会場は騒然。

Lil Durk got hit in the face by a stage explosion during his set at Lollapalooza pic.twitter.com/GSTBWbW8Un
— No Jumper (@nojumper)
July 31, 2022
from Twitter

その後リル・ダークは「クソ!スモークはもういらない。さあ行こう」と声をかけ、パフォーマンスを続行。

パフォーマンスを終えたリル・ダークは病院へ。目を負傷したようで、眼帯をしている姿を自身のインスタグラムにアップ。そして「シカゴのロラパルーザのステージで起きた事件のため、私は休養を取り、自分の健康に集中することにします。昨日、ファンのためにパフォーマンスを終えたよ。ありがとう、みんな」とコメントした。

リル・ダークは8月に2公演、そして9月10月も公演が予定されているが、現時点でこのスケジュールに変更があるかなどは発表されていない。(フロントロウ編集部)

フロントロウ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加