巨人原監督「大江が良い薬になった」逆転負けに「もう一本というところ」

巨人原監督「大江が良い薬になった」逆転負けに「もう一本というところ」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/17
No image

9回無死三塁から三者連続三振に倒れ、呆然とする巨人ナイン=横浜スタジアム(撮影・高石航平)

「DeNA2-1巨人」(16日、横浜スタジアム)

巨人が逆転負けを喫した。

1点リードの八回、先頭佐野に対して送り込んだ大江が、初球を同点ソロ被弾。直後に登板したビエイラも踏ん張れず、大和に決勝打を浴びた。

八回を守ってきた中川が離脱。大江、ビエイラでカバーしにいったが、この日は逃げ切りに失敗した。原監督は「今日は大江が良い薬になったでしょう」と前を向かせ、ビエイラにも「昇格人事の中で彼も今やっているのでね。そこを超えてくれないと。そこまで上がってきているわけだからね」とうなずいた。

1点を追う九回は無死三塁の絶好機も、大城、立岡、吉川尚が3者三振に倒れた。あと一本が出なかったが「今日は両軍そういう感じのね。こっちももう一本というところ」と、冷静に振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加