切手を貼って返事をマツ。香港発「ゆっくり文通」アプリが世界で人気

切手を貼って返事をマツ。香港発「ゆっくり文通」アプリが世界で人気

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2021/10/15
No image

最後に手紙を書いたのはいつだろう。ひと文字ずつ、ていねいに手書きをして、切手を貼って郵便箱にいれたときの気持ちは過去の思い出になってしまっている。いつしか年賀状のやりとりもしなくなり、新年の挨拶はSNSで済ませる人も多い。

今はスマホを開けば、いつどこにいてもリアルタイムでやりとりができ、SNSで全世界の人たちと気軽に繋がれる。超高速5Gが広がり、時代は「速さ」を追及している。

即レスも既読スルーもない世界

一方、せわしなく流れていく現代のスピード感についていけず、距離を置きたくなる人も少なくないだろう。秒単位で反応しあうメッセージより、じっくり時間をかけて気持ちを整理しながら打ち明けるコミュニケーションの方が必要だと感じるときもある。そんなときに心の拠りどころとなってくれるアプリがあるという、サービス名は「SLOWLY」だ。

「SLOWLY」は全世界の人たちとさまざまな言語で手紙を送りあえる香港発のペンパル・アプリ。自分が話せる、もしくは勉強中の言語を設定すると、自動的にマッチングされた人とアプリ内で手紙を送り合うことができる。外国語を勉強するために利用している人も多い。

他のペンパル・アプリと「SLOWLY」の最大の違いは、ユーザー同士の物理的な距離によって、手紙が届く時間が変わることだ。日本から韓国は約3時間、ロサンゼルスまでは約1日。最も遠い南米大陸に送ると、なんと2日ほどかかる。

No image

SLOWLY 公式HPより

レビュー数は1万件を超え、評価は4.6

「届くのに時間がかかる上に、見知らぬ相手とやりとりをするなんて、そんなアプリを好んで使う人は果たしてどのくらいいるのだろうか」と懐疑的に思った人もいるだろう。しかし実際のところ、現時点でのApp Storeのレビュー数は1万件を超え、評価は4.6という高評価を獲得している。

これは、スピード感のあるメッセージが当たり前の世の中に対して、「SLOWLY」のようなあえて「遅い」アプリを求めている人たちが多く存在するということだ。

実際「SLOWLY」のアプリレビューには「親しい人には相談できない悩み事を話すことができる」、「早く返信しなきゃと気負う必要がないので、気持ちを楽にして文化交流ができる」などの肯定的なレビューが多数寄せられている。

「地球の裏側から手紙が届く不思議さ」

「The Stranger on The Train Phenomeno(『汽車で乗り合わせた他人』現象)」という心理学の見解がある。これは見知らぬ人には自分の心の内をかんたんに打ち明けられる現象のことを指す。「SLOWLY」の場合、厳密には汽車での会話ではなく、アプリ上のテキストメッセージだが、「SLOWLY」を通じて出会った遠くに住む友達に何から何まで悩みを打ち明けて、励まされたという経験をしたことがある人は多いようだ。

「SLOWLY」は匿名のアバターで会話をする。かわいいイラストで自分のアバターを作って、自己紹介と興味のあるトピックを登録する。相手の顔が見えないので、プロフィールをじっくり読んで、どんな手紙を送るか長く悩む。そうやって時間をかけて悩んだ末に手紙を送り、ドキドキしながら返事を待つ。

誰かが自分に手紙を送ると通知が来るので、メッセージが到着するまでの間、どのような内容なのか楽しみに待つのも一興だ。特に、ブラジルやチリのような遠く離れた場所から手紙が届くとなるとその分待ち時間も長くなり、地球の裏側から手紙が届くという不思議な気持ちと、期待が高まる。

切手を集められるのもハマるポイント?

また、いろいろな国の人と会話すればするほど切手を集められるのも「SLOWLY」の魅力的な点だ。国ごとに有名な場所やモノをイメージした切手があり、手紙を送るときに必ず貼りつける。日本は東京タワーや浅草の雷門、大阪城などのデザインがある。

筆者も韓国に住む相手から手紙が届いて、昔訪れた、ソウル「景福宮」の切手が貼られていたときは、懐かしくてうれしかった。切手は、5か国以上の友達をつくる、100人に手紙を送るなど、いろいろな課題をクリアするたびに増えていくので、積極的に使いたくなる。

No image

SLOWLY 公式HPより

アメリカに住むAさんは、新型コロナウイルスが終息したら、日本を訪れて茶道をしてみたいという。オーストラリアに留学中の中国人Bさんは、ロックダウンで思うように外出できず、友達作りとホームシックに悩んでいた。筆者が留学していたときの話を交えながら、陰ながら応援していると手紙にしたためた。興味のあるドラマが似ているチリ人のCさんとは、最近観た韓国ドラマの話で盛り上がっている。

返信のスピードに囚われず、ときには真剣な話をして、ときには趣味の話に花を咲かせる。これがまさにペンパル・アプリの魅力ではないだろうか。

「離れていても、心は繋がっている」を実現する

SLOWLYのコンセプトは「全世界と繋がろう」である。新型コロナウイルスが流行して以降、海外へ旅行するのが難しくなった。ロックダウンや感染爆発、変異株の出現などの先行きが不透明で不安になるニュースが目立つこの頃。「SLOWLY」は「離れていても、心は繋がっている」を実現するのに非常に良いコミュニケーションツールだ。「SLOWLY」特有の遅さにはじめは違和感を覚えるかもしれないが、代わりに私たちが忘れかけていた、どこか懐かしいアナログな感覚を取り戻してくれる。

速さが重視されている時代にあえて「遅さ」を求め、地球上の誰かと繋がる「SLOWLY」。常に周りの目にさらされ、スピード感のある日常生活に息苦しさを感じる現代人に、必要な安らぎを与えてくれるかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加