サンドウィッチマン、M−1優勝で目標失う 「なんのために漫才を...」

サンドウィッチマン、M−1優勝で目標失う 「なんのために漫才を...」

  • Sirabee
  • 更新日:2021/11/25
No image

24日深夜放送『お笑い実力刃』(テレビ朝日系)で大人気お笑いコンビ・サンドウィッチマンが漫才の祭典『M−1グランプリ』優勝後の自分達の心境の変化について言及し、話題を集めている。

■コウテイの質問

賞レースで活躍する若手芸人が集結したこの日。先輩芸人のサンドに質問する流れに。

注目を集める若手コンビ・コウテイの九条ジョーは『M−1』王者のサンドとアンタッチャブルに「優勝したそのあとのなにか目的(目標)とかあるんですか?」と尋ねる。

関連記事:サンドとナイツの激推し芸人27組がネタバトル 番組でしか見られないコラボも

■優勝経験者のサンドは…

九条は「僕たち『M−1』に向かってずっと走れるんですけど、獲ってしまったら次これ頑張ろうみたいなのが、漠然となくなりそうな…」と『M−1』優勝を目標にしているので、もし優勝したらその後の目標を見失うのではと不安を漏らす。

これに伊達みきおは「それは我々はありましたね、目標がなくなったっていうのは。なんのためにいまから漫才・ネタ作ったりしなくちゃいけないのかって」と九条の指摘通り、目標がなくなり漫才をやる意味を見失っていたと告白した。

■富澤は「いまも…」

「それ、どうしたんですか?」とさらに追求する九条に、富澤たけしは「そう思いながらいまもやってるよ」と吐露。九条は「いまもやってんだ、ずっとなんだ」と驚きを隠せない。

伊達は「毎年全国ツアーをやるのが目標っていうか、そのために新ネタ作ろうって」と全国ツアーを目標として新作漫才を作っていると主張した。

■視聴者の感想は…

『M−1』優勝を目標とする芸人は多いが、サンドもそうだったようだ。目標を達成したいまは全国ツアー開催を新たな目標に定め、奔走している。

視聴者からは「目標ないままやってるサンド」と驚く声が。また「M−1グランプリに優勝することが目標ってなんか違う」と芸人として活躍するのではなく優勝を目標とするのは間違っていると指摘する声もあった。

・合わせて読みたい→さまぁ~ず三村は「ネタ番組に出たい」 サンドが『お笑い実力刃』出演オファー

(文/Sirabee 編集部・サバマサシ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加