芦田愛菜 宮本信子と58歳差の親友劇 映画「メタモルフォーゼの縁側」でW主演

芦田愛菜 宮本信子と58歳差の親友劇 映画「メタモルフォーゼの縁側」でW主演

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/11/25
No image

「メタモルフォーゼの縁側」の一場面から宮本信子(左)と芦田愛菜

女優の芦田愛菜(17)が、宮本信子(76)と映画「メタモルフォーゼの縁側」(来初夏公開)にW主演することが24日、分かった。17歳の女子高生と75歳のおばあちゃんがBL(ボーイズラブ)を通して親友となる異色な役を演じる。

同作は、鶴谷香央理氏の同名漫画を実写映画化。人付き合いの苦手な女子高生うららはBL漫画を読むことが楽しみ。片や、夫に先立たれ孤独に暮らすおばあちゃん・雪はきれいな表紙に惹(ひ)かれ、ジャケ買いしたBL漫画に魅了される。ひょんなことから知り合った2人はBLを介して友情を育んでいく。

芦田と宮本は2011年「阪急電車~片道15分の奇跡~」以来、11年ぶり2度目の共演。撮影はすでに終了しており、芦田は「一緒にお芝居をさせていただいて、うららの気持ちをスッと引き出していただいた」と話した。

宮本は「10年前におばあさんと孫として共演しました。あのころは私の手の中に小さな手がすっぽり入ったんです」と芦田の成長に目を見張った。もう一つ、宮本にとってびっくりだったのは「BL」。「最初にお話いただいたとき“BL”って何のことですか?と質問しました」と正直に吐露した。

脚本は、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」「ちゅらさん」などを手がけ「阪急電車-」も担当した岡田恵和氏。映画「青くて痛くて脆い」(20年)の狩山俊輔監督がメガホンを取っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加