燕・上田が6連敗止める気迫のフェンス激突キャッチ 一人で歩けず異例の勝利のハイタッチ

燕・上田が6連敗止める気迫のフェンス激突キャッチ 一人で歩けず異例の勝利のハイタッチ

  • フルカウント
  • 更新日:2020/09/16
No image

ヤクルト・上田剛史【写真:荒川祐史】

宮出ヘッドコーチにおぶわれてナインとハイタッチ交わす

■ヤクルト 3-2 DeNA(16日・神宮)

ヤクルトの上田剛史外野手が16日、本拠地・神宮球場でのDeNA戦で、フェンスに激突しながら6連敗を止める最後のアウトを奪う気迫のプレーを見せた。右足を痛めて直後は起き上がれずに悶絶したが、最後は宮出ヘッドコーチにおんぶされながらナインとハイタッチを交わした。

1点リードの9回2死。左翼線にフラフラと上がった飛球を全力で追った上田。落下点はフェンス際で、走った勢いのまま右足でフェンスを蹴りながらキャッチ。スタンドもどよめく超ファインプレーで勝利の瞬間を迎えたが、そのまま起き上がれず。心配したナインらが外野に駆け寄り、いったんは担架も運び込まれたが、上田はなんとか立ち上がって宮出ヘッドの背中で痛そうな笑みを浮かべた。

引き分けを挟んで6連敗中だったチーム。この日は5回に逆転を許すも、7回に荒木が同点打、宮本が勝ち越し打を放ち、終盤は勝利の方程式で逃げ切った。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加