大谷のフェンウェイでの活躍からつながった「MLBの救世主」ベーブ・ルースとの奇妙な歴史の偶然<SLUGGER>

大谷のフェンウェイでの活躍からつながった「MLBの救世主」ベーブ・ルースとの奇妙な歴史の偶然<SLUGGER>

  • THE DIGEST
  • 更新日:2022/05/14
No image

2022年5月5日(現地)木曜日、エンジェルスの大谷翔平は、現存するメジャーリーグ最古(1912年開場)の球場フェンウェイ・パークでのレッドソックス戦に「投手/3番・DH」として出場した。

この日、「投手・大谷」は11三振を奪いながら7回6安打無失点で今季3勝目を挙げ、そして「打者」としても4打数2安打1打点の活躍で8対0の勝利に貢献した。

すでに方々で伝えられている通り、フェンウェイ・パークで「投手」が打順4番までに入ってスタメンで出場したのは、1919年のベーブ・ルース以来103年ぶりの記録だったそうだ。

1919年? 103年ぶり? レッドソックスの広報や記録会社には大変感謝しているが、詳細がよく分からないので、ちょっと調べてみた。

1919年9月20日土曜日、当時24歳だったルースは、フェンウェイ・パークで行われたホワイトソックスとのダブルヘッダー第1試合に、「4番・投手」で先発出場した(当時は指名打者制度はなかった)。 同年のホワイトソックスには、映画『フィールド・オブ・ドリームス』に登場したことでも知られる“シューレス”ジョー・ジャクソンらスター選手が何人も在籍していた。

ジャクソンは当時31歳。ルースがそのスウィングを参考にしたと言われるほどの好打者で、21歳だった1911年にシーズン打率4割を達成するなど、その時点で10年連続打率3割以上を記録していた(1919年も打率.351でシーズンを終えている)。

1回表、ルースは一死二塁のピンチを迎えたが無失点で切り抜けた。その裏、レッドソックスは四球で出塁した4番ルースが後続のタイムリーで生還するなどして3点を先制した。

「投手・ルース」は4回、ジャクソンに左前適時打を許すなど2点を失った。続く5回は無失点に抑えたものの6回、ジャクソンの二塁内野安打を含む3安打で3対3の同点とされ、さらに一死二、三塁のピンチを招いてマウンドを降りた。

この日、「投手・ルース」は、5.1回を投げて9安打3失点(自責点2)、3三振1四球という内容で、勝敗はつかなかった。そして、ルースはマウンドを降りた後、レフトに入って試合に出場し続けた。

そして9回裏、一死走者なしから左越えにサヨナラ本塁打を放ったのである。

この日、「打者・ルース」は3打数1安打、1本塁打1打点だった。

ルースが「投打二刀流」でプレーした最後のシーズンでもある1919年は、和暦では大正8年である。前年に終わった第一次世界大戦の講和会議がフランスのパリで行われ、白ロシア・ソビエト社会主義共和国の樹立やドイツ労働者党の結成など、後の第二次世界大戦へつながる社会運動が世界各地で起こるなど、不穏な時代でもあった。 メジャーリーグでも、1919年は不穏な動きがあった。

この年、ジャクソン擁するホワイトソックスは2年ぶりにア・リーグを制してレッズとのワールドシリーズに出場した。当時、公然と行われていた野球賭博で「ホワイトソックスが圧倒的に有利」と伝えられる中、チームは3勝5敗で敗退した。

シリーズ終了後、ギャンブルで金を失った人々を中心に「ホワイトソックスの選手たちが八百長をしたから負けた」という声が高まった。約1年後、ジャクソンを含む8選手は大陪審の審問会に出席することになった。

審問会で、8人の選手たちは八百長の存在を認めた。一方でホワイトソックスの当時のオーナー、チャールズ・コミスキーが選手たちの年俸を不当に抑制していたことが明らかとなった。選手たちはユニフォームのクリーニング代を負担させられるなど、ひどい待遇を受けていた。

当時のメジャーリーガーは薄給で、タイ・カッブ(タイガースの殿堂入り選手)らスター選手も八百長に関与していたと言われていた。そんな事情もあって、その後の刑事裁判では、陪審員らは被告人である選手たちに無罪判決を下した。 1920年、ジャクソンは32歳で打率.382を記録するなど、衰えを感じさせない活躍を見せた。だが、「National Pastime=国民的娯楽」とされたプロ野球が汚い金にまみれていることを危惧したメジャーリーグは、絶対的な裁量権を持つコミッショナー職を設置。ケネソー・マウンテン・ランディス判事を初代コミッショナーに据え、球界浄化に乗り出した。これで、ジャクソンの運命は大きく変わることになった。

ランディスは刑事裁判での評決に関係なく、ジャクソンを含む8人のホワイトソックスを永久処分としたのだ。これが世に言う“ブラックソックス・スキャンダル”だ。

興味深いのは、“ブラックソックス・スキャンダル”でイメージが悪化したメジャーリーグを救ったのがルースだったと、今では広く信じられていることだろう。

ルースは1919年、すでに当時の最多記録である29本塁打を放ち、ファンの野球に対する関心を大きく変えたと言われている。彼が繰り出す豪快なスウィングと、とんでもない飛距離のホームランは「プロ野球の華」となった。ルースが空振りしても、当時の記者は次のように書いてその魅力を伝えようとしたそうだ。「ルースが空振りすると、観客席が震える」。

ルースは1919年オフにヤンキースに売り渡されたが、実はヤンキース以外にもう1チーム交渉相手がおり、それが「八百長嫌疑」をかけられたホワイトソックスで、しかも交換条件がジャクソン+金銭だったのは奇妙な縁だ。

結局、金銭トレードでヤンキースに移籍したルースは翌1920年、前年を大きく上回る54本塁打、さらにその翌年には59本塁打を放ち、レッドソックス時代の「投打二刀流」ではなく、「ホームラン・キング」として人々に記憶されることになる。

“ブラックソックス・スキャンダル”に加え、第一次世界大戦やスペイン風邪のパンデミックの渦中にあったアメリカ国民にとって、ルースが「救世主」だったという表現は決して大げさではなかったのかもしれない。

それから103年後、大谷翔平がフェンウェイ・パークで躍動した。ロシアによるウクライナ侵攻や、新型コロナウイルスのパンデミックが終息に向かいつつある中でのこと。球界を見ても、ここ数年メジャーリーグの観客動員が減少傾向にあったことに加え、ロックアウトの影響で野球人気衰退の危機が叫ばれるようになった。

時代も世相も大きく違う今、アメリカ社会、あるいはMLBに当時のルースのような「救世主」は必要ないかもしれない。それでも、偶然と言うにはあまりにもタイミングのいい大谷の活躍に驚きを感じずにはいられない。

文●ナガオ勝司

【著者プロフィール】

シカゴ郊外在住のフリーランスライター。'97年に渡米し、アイオワ州のマイナーリーグ球団で取材活動を始め、ロードアイランド州に転居した'01年からはメジャーリーグが主な取材現場になるも、リトルリーグや女子サッカー、F1GPやフェンシングなど多岐に渡る。'08年より全米野球記者協会会員となり、現在は米野球殿堂の投票資格を有する。日米で職歴多数。私見ツイッター@KATNGO

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加