清原果耶&成田凌 W主演映画『まともじゃないのは君も一緒』、主題歌決定!

清原果耶&成田凌 W主演映画『まともじゃないのは君も一緒』、主題歌決定!

  • Pop'n'Roll(ポップンロール)
  • 更新日:2021/01/13
No image

©2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会

清原果耶と成田凌がW主演を務める映画『まともじゃないのは君も一緒』の主題歌が、THE CHARM PARKの「君と僕のうた」に決定した。

叙情的で美しい音世界とダイナミックな楽曲スケール、緻密なメロディセンスとアレンジ力で全世界の音楽関係者が2021年最も注目するTHE CHARM PARK。

シンガーソングライターCharm(チャーム)によるソロユニットであり、アーティスト活動のみならず、ASIAN KUNG-FU GENERATION、V6、三代目 J SOUL BROTHERSのボーカリスト・登坂広臣などへの楽曲提供や、最近ではタイの国民的ポップシンガー・STAMPのプロデュースも手掛けて話題に。

そのほか、CMやタイアップ曲などクリエイターとしても活躍している。

なお、本作のために書き下ろされた「君と僕のうた」は、2月3日にリリースされる最新フルアルバム『Bedroom Revelations』に先駆けて本日より配信スタート。

同曲は、彼の持ち味である心地よいギターリフとポップセンスが光るミディアムテンポナンバー。全篇日本語詞となっており、アルバムでは2曲目に収録される。

さらに、同曲の最後のサビ前をドラマティックに盛り上げるトランペットは彼のボイスパーカッションによるもので、今の時代の流れを受けての彼なりのDIY表現であり注目ポイントになっているという。

コメント

THE CHARM PARK:

“まとも”の意味がどんどん変わってゆくこのご時世の中、忘れがちだった人生のワクワク感を思い出させてくれた今回の作品に参加できて本当に光栄です。

「君と僕のうた」はいくら遠ざかってもすぐに戻れるような僕らの原点をイメージして書いた曲です。

2021年になって初めて発信する曲、この1年を前向きに迎えられるような楽曲になった気がしてとても嬉しいです。

No image

THE CHARM PARK

前田弘二監督:

“普通”をめぐる冒険の果て。

恋とも友情ともつかない、2人の新たな関係を象徴するように、ささやかで、でも楽しげにサッと華を添えてくれました。

「君と僕のうた」という歌とともに、この映画を届けられることを幸せに感じてます。

先行配信「君と僕のうた」

2021年1月13日配信スタート

映画『まともじゃないのは君も一緒』

2021年3月19日(金)全国公開

■あらすじ

予備校講師・大野は、独身・彼女なし。ずっと1人で大好きな数学の世界で生きてきた。今の生活に不満はないが、このままずっと1人なのかと不安になることもある。自分だって普通に結婚したい。ただ、普通が何かわからない。女の子とデートをしてもなんだかピントがずれているような空気は感じているが、どうしていいのかはわからない大野。教え子の香住はそんな大野を”普通じゃない”と指摘してくれる唯一の相手。大野は香住に“どうしたら普通になれる? 普通を教えてほしい”と頼み込むのだが……。

■出演:成田凌 清原果耶

■監督:前田弘二(『婚前特急』『わたしのハワイの歩きかた』)

■脚本:高田亮(『婚前特急』『そこのみにて光輝く』)

■音楽:関口シンゴ

■プロデューサー:小池賢太郎(『キセキ ーあの日のソビトー』『愛唄 ー約束のナクヒトー』)

根岸洋之(『リンダ リンダ リンダ』『さよならくちびる』)

■配給:エイベックス・ピクチャーズ

■製作:「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会

■共同幹事:エイベックス・ピクチャーズ ハピネット

■企画製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ マッチポイント

©2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会

関連リンク

映画情報

Pop'n'Roll 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加