巨人 サンチェスが三回途中6失点でKO 悪条件での登板にいら立ち隠せず

巨人 サンチェスが三回途中6失点でKO 悪条件での登板にいら立ち隠せず

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/06
No image

3回途中で降板するサンチェス(撮影・飯室逸平)

「阪神-巨人」(6日、甲子園球場)

巨人・サンチェスが三回途中6失点でKOされた。

雨が強く降り、ぬかるむマウンドでの登板。悪条件で集中力を欠き、2回0/3で6安打を打ち込まれた。二回に2点、三回にも2点を追加されてトータル4点失点。なお無死二、三塁の場面で交代を告げられた。その後、残した走者も大江が打たれて返り、サンチェスは三回途中6失点となった。

ベンチに戻る際にはいら立ちを隠せず。2番手には大江がマウンドに上がった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加