難敵撃破の明大中野八王子 ラッキーボーイの9番・松本が同点打

難敵撃破の明大中野八王子 ラッキーボーイの9番・松本が同点打

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/24

◇第103回全国高校野球選手権 西東京4回戦 明大中野八王子3―2桜美林(2021年7月22日 スリーボンド八王子)

No image

<明大中野八王子・桜美林>5回2死一、三塁、適時打を放つ明大中野八王子・松本 (撮影・白鳥 佳樹)

明大中野八王子のラッキーボーイ、9番・松本澪音(3年)が全国制覇の経験もある桜美林撃破へ導いた。

0―1の5回2死一、三塁から左前へ同点打。続く1番・須江陽海(3年)の決勝三塁打につなげた。「打ったのは高めの変化球。(エースの)井上がしっかり投げてくれてて、少しでも楽させたい、どうにか援護点と思っていた」。5回は力投を続ける8番・井上仁(3年)が目の前で遊撃内野安打でつないだだけに、女房役としても打ちたかった。椙原貴文監督も「松本はラッキーボーイ。この大会で成長している」と称えていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加