レイズ筒香嘉智はベンチスタート、大谷先発登板回避で初対決もお預け

レイズ筒香嘉智はベンチスタート、大谷先発登板回避で初対決もお預け

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/06
No image

レイズ筒香嘉智(2020年2月23日)

<エンゼルス-レイズ>◇3日(日本時間4日)◇エンゼルスタジアム

レイズ筒香嘉智外野手(29)とエンゼルス大谷翔平投手(26)との初対決が消滅した。

大谷が前日2日(同3日)のマリナーズ戦で右肘に死球を受けた影響により、先発予定だった登板を回避。筒香は前日まで4試合連続ノーヒットで、エンゼルス先発が右腕・大谷から左腕キンタナに変更されたこともあり、ベンチスタートとなった。

レイズ先発は右腕グラスノーで今季3勝1敗、防御率1・67と好調で、37回2/3を投げて奪三振56の剛腕。大谷は初対戦となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加