ソフトバンク柳田3戦ぶり打点 首位打者を独走中

ソフトバンク柳田3戦ぶり打点 首位打者を独走中

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/08/01
No image

ソフトバンク対西武 3回裏ソフトバンク無死二塁、柳田は中前適時打を放つ(撮影・今浪浩三)

<ソフトバンク4-0西武>◇1日◇ペイペイドーム

ソフトバンク柳田悠岐外野手が3点リードの3回無死二塁から中前適時打を放った。本田の143キロ直球をはじき返し、3試合ぶりの打点を挙げた。

「打ったのはストレート。慶三(川島)さんがチャンスをつくってくれたので、絶対かえそうと思って打席に入った」。7月はプロ野球記録に並ぶ月間32得点を記録。この日はこの1安打のみで打率3割7分8厘と1厘下げたが、首位打者を独走中。正念場の8月もギータのバットは快音を響かせる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加