爪長恐竜テリジノサウルスが迫り来る、「ジュラシック・ワールド」絶体絶命シーン

爪長恐竜テリジノサウルスが迫り来る、「ジュラシック・ワールド」絶体絶命シーン

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2022/08/06

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」より、本編映像の一部がYouTubeで公開された。

No image

「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」 (c) 2021 Universal Studios and Storyteller Distribution LCC. All Rights Reserved.

すべての画像・動画を見る(全12件)

No image

「ジュラシック」シリーズ最新作にして完結編となる本作。世界中へ解き放たれた恐竜たちが地球の至るところにすみ着き、“ジュラシック・ワールド”と化した世界で物語が展開していく。主人公オーウェン役でクリス・プラット、ヒロインのクレア役でブライス・ダラス・ハワードが続投した。7月29日に日本での公開を迎え、週末の興行ランキングで初登場1位を獲得。8月4日までの7日間で観客動員数136万7068人、興行収入20億2871万9800円を記録した。

解禁された映像は、恐竜が生活している保護区で遭難してしまったクレアが、シリーズ初登場のテリジノサウルスから逃げ惑うシーン。首の長さ2m、前肢の爪3本は長さ約1mという灰色と黒色の羽毛恐竜が背後に迫り、振り向くこともできないクレアはほふく前進のまま水中へ逃げ込んで姿を隠す。

なお7月に来日した本作の監督コリン・トレボロウは、記者会見でお気に入りの場面を聞かれると、同シーンを挙げて「私が思ったようにできた素晴らしいシーンだよ!」と答えていた。

「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」は全国で上映中。

(c)2021 Universal Studios and Storyteller Distribution LCC. All Rights Reserved.

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加