レノボの定番ノートPC「ThinkPad」の主要モデルを刷新、使い勝手はどこまで良くなった?

レノボの定番ノートPC「ThinkPad」の主要モデルを刷新、使い勝手はどこまで良くなった?

  • @DIME
  • 更新日:2021/05/04
No image

心地よいキーボードの打鍵感やシンプルでクールなデザイン性から、特にビジネスパーソンから高い支持を集めるレノボのノートPC「ThinkPad」シリーズ。2021年3月23日には、シリーズ内の主要7モデルにて2021年モデルの発表が行われました。

いずれも最新チップセットとなる“第11世代インテル”を搭載し、企業向けに管理システムやセキュリティ機能を強化したラインアップとなっています。早速、刷新された内容について確認していきましょう。

ThinkPadシリーズが7モデル一気に刷新!

今回刷新が発表された7モデルは以下の通り。

・ThinkPad X1 Carbon Gen 9
・ThinkPad X1 Yoga Gen 6
・ThinkPad X13 Gen 2
・ThinkPad X13 Yoga Gen 2
・ThinkPad T14s Gen 2
・ThinkPad T14 Gen 2
・ThinkPad T15 Gen 2

では、どのようにグレードアップがされているのかそれぞれしっかり確認していきましょう。

画面が縦に伸びたフラグシップモデル「ThinkPad X1 Carbon Gen 9」

ThinkPadシリーズの中でもフラグシップモデルとして発売されている「ThinkPad X1」シリーズ。最新モデルである「ThinkPad X1 Carbon Gen 9」は、これまでディスプレイの縦横比率が16:9だったのに対し、新たに16:10を採用しました。

No image

ディスプレイは14インチで解像度は3840×2400、1920×1200の2モデルから選択可能。360度の集音マイクを搭載し、キーボードの両側にスピーカーを搭載することで、オンライン会議の際にも声が聞き取りやすく届けやすいように進化しています。

No image

また、ユーザーが席を離れると自動的に画面をオフにし、PCの前に戻るとオンになる仕組みを採用。バッテリーは最大約26時間の連続使用が可能で、5G通信にも対応しています。

2in1タイプは2モデルが登場! タッチペンを内蔵して便利に!

キーボードをディスプレイ背面まで回転させ、タブレットのようにも使用できる2in1ノートPCとしては、フラグシップモデルの「Thinkpad X1 Yoga Gen 6」に加え、薄型軽量モデルの「ThinkPad X13 Yoga Gen 2」が登場しました。

No image

Thinkpad X1 Yoga Gen 6

Thinkpad X1 Yoga Gen 6は、ThinkPad X1 Carbon Gen 9と同様に画面比率16:10を採用した14インチタイプ。キーボードの両側に搭載されたスピーカーや、4つの集音マイクといった構成もThinkPad X1 Carbon Gen 9と同じですが、オプションで本体内蔵型の充電式アクティブペンを付けることもできます。

ThinkPad X13 Yoga Gen 2は13.3インチディスプレイを搭載した2in1ノートPCで、質量は約1.2㎏と比較的軽量。こちらも充電式のアクティブペンを本体に内蔵することができます。

また、ThinkPad X13 Yoga Gen 2とほぼ同スペックですが、2in1ではなく通常のノートPCタイプで、オプションで5G通信にも対応できる「ThinkPad X13 Gen 2」も発表されています。

14インチ4Kディスプレイにも対応したモバイル性抜群の「ThinkPad T14s Gen 2」

ThinkPad T14s Gen 2は名前の通り14インチディスプレイ搭載のノートPCで、4K UHD(3840×2160)とFHD(1920×1080)のどちらかを選択可能となっています。

No image

本製品も5G通信対応のオプションを適用可能で、14インチという比較的大きなディスプレイを搭載しながら約1.28㎏と軽量なのも特徴。外出先でも気軽に高解像度で大きなディスプレイを楽しめる製品です。

ThinkPad Tシリーズとしてはほかにも「ThinkPad T14 Gen 2」と「ThinkPad T15 Gen 2」が発表されています。T14は14インチディスプレイ、T15は15.6インチディスプレイを搭載し、ディスプレイはUHD(3840×2160)かFHD(1920×1080)で選択できます。

2モデルは有線LANポートを備えているので、テレワーク用の自宅での据え置き機としての活躍も十分にできるでしょう。

取材・文/佐藤文彦

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加