巨人・吉川尚の死球判定は取り消しに ソフトバンク・工藤監督のリクエスト成功

巨人・吉川尚の死球判定は取り消しに ソフトバンク・工藤監督のリクエスト成功

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/22
No image

3回、吉川尚への死球の判定がリプレー検証によりファウルに(撮影・金田祐二)

「日本シリーズ・第1戦、巨人-ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪)

三回、1死二塁。巨人・吉川尚の死球判定に、ソフトバンク・工藤監督がリクエストを要求した。

千賀の151キロが内角を突き、吉川尚の右手付近に当たったとして死球の判定。だが、グリップに当たっているようにも見え、即座に工藤監督がリクエスト。リプレー検証の結果、ファウルとなった。

その後、吉川尚は投ゴロ。松原も左飛に抑えられ、無得点に終わった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加