【大井・TCK女王盃結果】グランブリッジがヴァレーデラルナを差し切り重賞3勝目

【大井・TCK女王盃結果】グランブリッジがヴァレーデラルナを差し切り重賞3勝目

  • netkeiba.com
  • 更新日:2023/01/25
No image

勝利したグランブリッジ(撮影:高橋正和)

25日、大井競馬場で行われた第26回TCK女王盃(4歳上・牝・JpnIII・ダ1800m・1着賞金2200万円)は、3番手からレースを進めた川田将雅騎手騎乗の1番人気タイ・グランブリッジ(牝4、栗東・新谷功一厩舎)が、2番手追走から抜け出た1番人気タイ・ヴァレーデラルナ(牝4、栗東・藤原英昭厩舎)をゴール前で交わし、これに1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分53秒9(良)。

さらに2馬身差の3着に3番人気プリティーチャンス(牝6、栗東・野中賢二厩舎)が入った。

勝ったグランブリッジは、父シニスターミニスター、母ディレットリーチェ、その父ダイワメジャーという血統。重賞は3勝目で、通算成績はこれで10戦5勝。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加