小栗旬&高畑充希&中村獅童、菅田将暉主演映画にズラリ!主役級キャスト

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/02/23

俳優、菅田将暉(28)の主演映画「キャラクター」(永井聡監督、6月公開)に、小栗旬(38)、高畑充希(29)、中村獅童(48)の豪華俳優陣が出演することが22日、分かった。小栗と菅田は5度目の共演。ともに尊敬し合う仲でもあり、小栗は「共演するたびに俳優として成長していて、その成長に触れられることは幸せ」と喜んだ。

主役級の俳優陣が、主演の菅田を力強く支える。

同作は、売れない漫画家・山城(菅田)が、目撃した殺人犯をキャラクター化して漫画にするダークエンターテインメント。漫画は大ヒットするも作品を模した事件が次々と発生する物語だ。

小栗は、漫画と事件の関連性にいち早く気付き真相を探る刑事・清田役で、獅童は清田の上司・真壁役、高畑は山城を陰で支える恋人・夏美役をそれぞれ演じる。

菅田と小栗の共演は今回で5回目。初共演となった2010年のTBS系「獣医ドリトル」で小栗に大きな影響を受けた菅田は、13年の主演映画「共喰い」のクランクイン前日に先輩を訪ねて、背中を押してもらったことも。一方の小栗もテレビ番組で菅田の才能を絶賛するなど互いに尊敬し合う仲。今では家族ぐるみで親交がある。

これまでは小栗の主演作に菅田が出演していたが、今回は小栗が座長・菅田を“サポート”する形。監督から「渋くてかっこいい小栗さんで」とリクエストされた実力派は「あえていつもより声のトーンも落とし、恥ずかしいくらいカッコつけたイメージで清田を演じています」と撮影を振り返った。

一方、作品の紅一点として出演する高畑は「目指せ良い奥さん」をモットーに演じたと告白。菅田との共演は3回目で「かつての鋭さを残しながらも柔らかく、頼もしいたたずまいの座長」と絶賛した。

獅童は「菅田さんは、撮影中に何度か小栗さんと自宅に遊びにきてくれて、趣味も似ているということもありいろいろな話をしました」と秘話を披露。「個性豊かな役者たちの化学反応を、見逃さないでください!」と呼びかけている。

★セカオワFukase、俳優初挑戦が話題に

「キャラクター」は、漫画家、浦沢直樹氏の「20世紀少年」などのストーリー共同制作者、長崎尚志氏が原案と脚本を担当するオリジナル作品。殺人鬼役でロックバンド、SEKAI NO OWARIのボーカル、Fukase(35)が俳優デビューすることでも話題だ。

小栗演じる清田について、村瀬健プロデューサーは「出演していただけると信じてキャラクターを作り込み、描き出した」と“当て書き”で作り上げたことを明かしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加