原英莉花が全米女子OP予選会も欠場へ... 腰のヘルニアの手術後で現在はリハビリ中か

原英莉花が全米女子OP予選会も欠場へ... 腰のヘルニアの手術後で現在はリハビリ中か

  • e!Golf
  • 更新日:2023/05/26

3週連続でツアー欠場

原英莉花が29日に開催される全米女子オープン予選会(千葉・房総カントリークラブ)を欠場する。日本ゴルフ協会(JGA)がサイトを通じて26日に発表した第1ラウンドの組み合わせに原の名前はなかった。ちなみに、今週開催の国内女子ツアー「リゾートトラストレディス」も欠場している。

原は2週前の「RKB×三井松島レディス」で初日スタート前に腰痛の影響で欠場。翌週の「ブリヂストンレディス」も出場を辞退した。

No image

全米女子OP予選会の欠場が決まった原英莉花 写真:Getty Images

その後、インスタグラムのストーリーズに病室で点滴を打つ写真と共に「ちょっとお休み続いちゃいそうです。2年半たくさん痛みと闘いましたが来るとこまで来てしまったようです」と長期離脱の可能性を伝えていたが、完全回復の見込みが立たず、3週連続でツアーを欠場している。

【動画】ゴルファー必見! 原英莉花が語る「スタートホールで失敗しないコツ」実際の映像

「ヘルニアが悪化してスイングができない状態」と語っていたが、17日に腰のヘルニア手術をし、無事に成功したことを自身のインスタグラムで報告していた。

ちなみに原は今年の米女子ツアー予選会(Qスクール)に挑戦する意向を固めたばかり。全米女子オープン(7月6~9日、カリフォルニア州・ペブルビーチGL)出場は経験を積むには格好の場所だったが、無念の予選会欠場となった。今後はリハビリを経てツアー復帰を目指す。

原 英莉花(はら・えりか)

1999年2月15日生まれ、神奈川県出身。2018年プロテスト合格。“黄金世代”の一人として18年から早くもシード獲得し、翌19年には初優勝。20年には日本女子オープン、JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップと公式戦2冠を達成した。NIPPON EXPRESSホールディングス所属。

キム・ミョンウ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加