米・フィリピン大統領が初会談、南シナ海の自由航行・飛行を支持

米・フィリピン大統領が初会談、南シナ海の自由航行・飛行を支持

  • ロイター
  • 更新日:2022/09/23

[ニューヨーク 22日 ロイター] - バイデン米大統領とフィリピンのマルコス大統領は22日、国連総会に出席するため訪問中のニューヨークで会談し、南シナ海の自由な航行と上空飛行に対する支持を表明した。同海域での影響力拡大を図る中国に対抗する狙い。両首脳が対面で会談するのは今回が初めてとなる。

No image

バイデン米大統領とフィリピンのマルコス大統領は22日、国連総会に出席するため訪問中のニューヨークで会談し、南シナ海の自由な航行と上空飛行に対する支持を表明した。ニューヨークで撮影(2022年 ロイター/Leah Millis)

ホワイトハウスは会談後の声明で「両首脳は南シナ海の領有権問題を巡って協議し、航行および上空飛行の自由、紛争の平和的解決への支持を表明した」と述べている。

また両首脳は、二国間同盟の重要性も改めて確認。ホワイトハウスは「バイデン大統領は、フィリピンの防衛に対する米国の確固たるコミットメントを再確認した」とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加