秋山翔吾の後継者争いに突如現れた西武の新星・若林楽人とは何者だ?

秋山翔吾の後継者争いに突如現れた西武の新星・若林楽人とは何者だ?

  • Sportiva
  • 更新日:2021/05/03

昨年のドラフトで西武から4位指名を受けた若林楽人(がくと)が、シーズン序盤から外野の一角を占めるなど、奮闘している。

駒大苫小牧高校時代から、いかにも野球がうまそうな雰囲気を漂わせていた選手だった。動く前から全身のしなやかな運動が想像できるスリムながら均整のとれたシルエット。そんな若林のユニフォーム姿は、グラウンドでひと際目立っていた。

【写真】2021プロ野球 ブレイク候補はこの選手!(12枚)

No image

ここまで(5月2日現在)パ・リーグトップの12盗塁を記録している西武・若林楽人

1学年上に伊藤大海(現・日本ハム)がエースとして君臨していて、チームも強かったから若林を見る機会も多かった。高校時代の若林は外野だけでなく、三塁も守ったりしていた。

当時の身長は175センチほどで、特別長身というわけではなかったが、足が長くてストライドも大きく、ダイナミックな走りが印象的だった。とくにロングヒットで一塁ベースをターンしたあたりからの加速力は、見ているだけでスカッとした。

2015年夏の甲子園で、関東一高のオコエ瑠偉(現・楽天)が見せてくれた"アスリートの走り"が重なって見えた。

昨年の西武のドラフトは「なんとしても野手を!」の大号令のもと、1位で渡部健人(桐蔭横浜大)を筆頭に、育成ドラフトも含めて計7人もの野手を指名した。

秋山翔吾(現・レッズ)の抜けた穴は大きく、また栗山巧と中村剛也の後継者探しも急務となっていた。

指名された7人のうち、バッティングに特長のある選手は6人。いわゆる「三拍子揃い」のタイプは若林だけ。おそらく、秋山の後釜を期待しての指名だったに違いない。

オープン戦から開幕当初は下位を打っていた若林だったが、4月4日にプロ初安打を記録すると、7日には楽天・則本昂大からプロ初本塁打。9日の試合では初めて1番として起用され、チームに欠かせない戦力となる。

一軍の実戦経験を積むほど、プレーのバリエーションが広げられる。そんな際立った野球センスの持ち主であることを証明しはじめている。

駒澤大時代は2年からレギュラーポジションを獲得して、大きな故障もなくその位置をまっとうした。ただ、それまであまり印象的な場面がなく、正直「プロはどうかな......」と思っていた。ところが、4年秋のシーズンになって若林のバッティングが急に変わった。

「劇的にバッティングがよくなったんです」

学生時代の若林をよく知る人から、こんな話を教えてもらった。

「若林の肩甲骨の可動域は広すぎるぐらいで、だからあれだけ柔軟なスローイングができるんです。それは彼の大きな長所ではあるんですが、逆にバッティング面ではそれが災いしていたんです」

テイクバックでバットを引く際、肩甲骨が動きすぎて、グリップが背中のほうに入ってしまっていたという。

「外のボールを右方向に打つならそれでもいいのですが、真ん中から内側のボールだとバットが出にくくなる。詰まりたくないから、どうしても体が開いてしまう打ち方になっていたんです。これだと変化球を打つのが難しくなる。そこを修正したそうです」

もともとはボールを長く見て、余裕しゃくしゃくで見極めていたのだが、焦ってボールを追いかけてしまっていた。そこでテイクバックで手を使いすぎないように、トップを浅めにつくると、バットが遠回りせずにポンと出るようになった。

4年秋の1シーズンで一気に4本塁打をマーク。バッティング覚醒の兆しが、ドラフト指名につながった。

◆「ボールをよく見て」は間違い? 秋山翔吾、浅村栄斗が唱える新常識>>

キャンプ、オープン戦と、同期のチームメイトとして、またライバルとして、ともに一軍に踏みとどまったブランドン(タイシンガーブランドン大河/東京農大オホーツク/6位指名)が、ひと足先にヒットを重ね、プロ初アーチも放つ。

そんな時、駒澤大野球部の林裕也コーチのもとに、若林からこんなメールが届いたという。

「僕の長所ってどこですか? 教えてください」

若林にとって林コーチは高校、大学の先輩であり、よき理解者でもある。

「大学の最後でバッティングがよくなって、ある程度自信を持ってプロ入りしたと思いますが、やっぱりピッチャーのボールも全然違うでしょうから、いろいろと迷いがあったんでしょうね。学生時代に監督や僕たちが長所として伝えていたこと、社会人野球の関係者が褒めていたことなど、いろいろ集めてメールで送ってあげました」

そのメールで本来の自分を取り戻したのか、めでたくプロ初安打を放ち、長いバットマン生活のスタートを切った。

ここまでは順調なプロ生活を送っている若林だが、西武の外野定位置争いは熾烈を極めている。過去盗塁王2回の金子侑司をはじめ、昨シーズン前半にブレイクした川越誠司、鈴木将平、さらに6年目の愛斗も急成長し、4年目の高木渉の評価も高い。

この先もハイレベルなポジション争いは続くだろう。この競争に勝って、不動のレギュラーとなった時、初めて本当の意味での「秋山の後継者」となる。ただ、その位置にもっとも近い選手が若林であることは間違いない。

安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加