1デアリングタクトや5ソダシは大丈夫!? 【ヴィクトリアマイル】で死の馬番に入ってしまった馬とは!?

1デアリングタクトや5ソダシは大丈夫!? 【ヴィクトリアマイル】で死の馬番に入ってしまった馬とは!?

  • ラブすぽ
  • 更新日:2022/05/14
No image

ヴィクトリアマイルの勝ち馬を過去10年のデータから炙り出せ!!

15日の日曜日は、東京競馬場で古馬牝馬マイルの頂上決戦「ヴィクトリアマイルGⅠ」が開催される。

前半戦唯一の古馬牝馬限定GⅠレースのため、錚々たるメンバーが集まった。

少し名前を上げると、3冠馬の①デアリングタクト、白毛のGⅠホース⑤ソダシ、2021年大阪杯馬の⑬レイパパレなど、出走表を見て思わずワクワクしてしまうほどだ。

その豪華メンバーの中で、栄冠を手にするであろう牝馬を過去10年のデータから炙り出しいく!!

1,前走クラス

前走GⅢ以上を走った馬からしか、勝ち馬は現れていない。

かつGⅠを走ってきた馬は唯一の勝率10%越えを達成しており、グレードの高いレースを走って来た馬が結果を出している。

2,前走着順

ヴィクトリアマイルが、毎回波乱傾向なのが分かるデータとして、前走着順による好走パターンを見ると分かる。

なぜなら、前走1着だった馬は勝っていないからである。さらに3着以内の入った馬で見ても合計で1勝しかしていない。

逆に4着、5着だった馬から計3勝、6着以下だった馬は6勝も挙げているほど、前走から逆襲してくる馬が多い。

3,枠番・馬番

枠番では1枠が3着までしか来ておらず、不利傾向である。

その他は4枠、5枠、8枠も勝ってはいないが、ともに2着3回と好走しているため、1枠以外は枠による不利はないと考えていいだろう。

ただ、これを馬番で見てみると、2番、17番は一度も3着以内すらない死の馬番となる。その死の馬番に、人気の②ソングラインと古豪⑰シャドウディーヴァが入ってしまった。

さらに、馬番別過去データを見ると1番が3着4回と複勝率では最高の数字40%を叩き出している。そのため①デアリングタクトは3着付けするのを推奨する。

以上の3つのデータから、前走GⅠレースに出走し、6着以下で枠番、馬番でも勝ち馬を輩出している7枠⑭番のエリザベス女王杯馬・アカイイトが勝利に最も近いと判断したい。

果たして、①デアリングタクト、⑤ソダシ、⑬レイパパレがデータを覆して勝つか? それとも、やはりデータ通りなのか?

発走は、5月15日の東京競馬場11レース、15時40分予定。

ラブすぽ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加