ファミリーマート、プラスチック製フォークの提供を取りやめ 全国の店舗で10月4日より プラスチックの削減効果は年間約250トン

ファミリーマート、プラスチック製フォークの提供を取りやめ 全国の店舗で10月4日より プラスチックの削減効果は年間約250トン

  • AMP[アンプ]
  • 更新日:2022/09/23

ファミリーマートは、プラスチック使用量の削減を目的に、10月4日から全国のファミリーマート約16,600店で、店頭でのプラスチック製フォークの提供を原則取りやめると発表した。

No image

フォークから竹箸の提供に変更

フォークを希望する人には、原則フォークの代わりに竹箸を提供するという。

なお、箸に不慣れな海外客やフォークを必要とする子ども、障がいを持っている人については、希望に応じて、フォークの提供を継続するとしている。

スプーンはこれまでと同様、希望する人には、持ち手に穴を空けた軽量化スプーンの提供を継続するとのことだ。

今回の取り組みにより、竹箸などの代替品への移行や利用客のマイカトラリー利用促進が進めば、プラスチック使用量は年間で約250トン削減される見込みだという。

また同取り組みにあわせて、10月4日から、東京都と神奈川県の30店舗で、同社オリジナルのマイカトラリーセット2種類(組み立て式タイプと組み立て不要タイプの2種類)を先行発売。バイオマス40%配合した素材を使用しており、繰り返しの使用も可能。全店での販売開始は年内を予定しているとのことだ。

AMP News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加