【明日なに着る?】 シャツが見違える「小さく仕込む」キレイ色

【明日なに着る?】 シャツが見違える「小さく仕込む」キレイ色

  • GISELe
  • 更新日:2022/09/24

組み合わせ方や注目のアイテム、さらにはこれから着たい服探しにも役立つ、最新コーディネートを毎日更新してお届け中!

507_NEW MANUAL
【ヴィヴィッドカラーをインナーに】

No image

長めのシャツとショートパンツにショートブーツ。
バランス良好なセットをインナーで見違えさせて

ショートパンツは、とくに秋からの足元の主役・ブーツの合わせも楽しいボトム。そのパンツを覆い隠すような、長め丈&ゆとりのあるシャツを利用して、タートルをレイヤード。

タートルやシューズ次第で、着こなしの印象も簡単に変えれる、応用の利くテクニック。どう着てもきちんと見えるシャツだから、一見派手な、強い色を仕込んでも品をそこなわない。

ベージュシャツ 37,400円/ATON(ATON AOYAMA) アイボリーショートパンツ 17,930円/uncrave WHITE(uncrave) 黒サンダル/スタイリスト私物 イエロータートルニット 13,200円/ジャーナル スタンダード ラックス(ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店) ブーツ 25,850円/DIANA(ダイアナ 銀座本店)

【POINT】
レイヤードすることも前提に置いて選ぶなら、シャツは白やダークカラーよりもコントラストがつきにくく、配色の幅が広いコクのあるベージュが便利。ミニスカート風の幅広シルエットのショートパンツ。タック入りで気になるもも部分も細くスマートに。

【CLIMATE】
HIGHEST 29℃ LOWEST 22℃

≫【5パターンの実例集】便利でかわいい「シャツとシャツの使い方」の一覧へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加