京都府宮津市で医療MaaSの実証事業 MONETが協力

京都府宮津市で医療MaaSの実証事業 MONETが協力

  • レスポンス
  • 更新日:2022/11/28
No image

医療MaaS

もっと画像を見る

MONET(モネ)テクノロジーズは、京都府宮津市での「医療MaaS(モビリティアズアサービス)実証事業」に、医療MaaS用車両や、診療の予約状況とそれに応じた最適な運行ルートを確認できる運行管理システムなどを提供する。

【TRD】ラリーレイド競技を支えるメーカーの底力...ワークスチューニング試乗

『医療MaaS』とは、医療物品を搭載した車両に運転手+看護師が同乗し患者宅へ向かい、患者と病院にいる医師をテレビ会議システムでつなぎ、車内で診療を行うもの。関西では初の試みとなり、全国で4事例目。宮津市内は細い道がも多ため、車両はミニバンを用いる。

実証事業は、人口減少に伴う医療機関減や、医師の高齢化などが懸念される宮津市で、住民が将来にわたって安心して医療が受けられる地域づくりを目指して、医療サービスの新たな提供手法として医療MaaSを実施する。11月21日から2023年2月15日まで。

MONET、与謝医師会、京都府立医科大学附属北部医療センター、丹後海陸交通などが協力し、患者の自宅付近に訪問した車両内でオンライン診療する。また、車両はオンライン診療に加え、住民健診後のオンライン保健指導などにも活用する予定。

【無限】ステップワゴンのパフォーマンスダンパーは効果絶大、フィットRSは本気!...ワークスチューニング試乗

【STI】リニアな反応が狙いのフレキシブルパーツ...ワークスチューニング試乗

冬の高速道路、装備と情報の確認を...NEXCO中日本

レスポンス編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加