大雪の影響で80代男性が死亡 車の近くで倒れているのを発見【岡山・真庭市】

大雪の影響で80代男性が死亡 車の近くで倒れているのを発見【岡山・真庭市】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2023/01/25
No image

岡山放送

今季一番の寒気による大雪の影響で、岡山県真庭市の高齢男性が死亡していたことが分かりました。

岡山県によりますと、死亡したのは岡山県真庭市の80代の男性です。男性は24日夕方、車で外出しましたが、自宅付近で雪で立ち往生したため、車を置いて歩いて一旦、帰宅しました。

その後、夜になって再び外出したあと帰宅せず、25日午後0時半頃、車の近くで心肺停止の状態で倒れているのが見つかり、死亡が確認されたということです。

真庭市には24日、短期間の大雪に一層の警戒を呼び掛ける、「顕著な大雪に関する気象情報」が出されていました。

一方、岡山市北区では25日、80代男性が心肺停止の状態で見つかりました。これについて岡山県は、「岡山市から雪によるものと報告を受けていない」としています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加