水原希子、悩める女子大生に斬新な出会い術伝授 少々アナログなその行為に一同絶賛

水原希子、悩める女子大生に斬新な出会い術伝授 少々アナログなその行為に一同絶賛

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/09/15
No image

モデルの水原希子が15日、東京・渋谷で行われたマッチングアプリ「Tinder」のスペシャルトークイベントにブランドアンバサダーとして登場。アプリを利用する現役大学生らに対し、マッチングサイトでの“出会い術”を展開した。

画像をもっと見る

■海外での反響に驚嘆

No image

1日から放送が開始されている新オンラインCM(4本)に出演する水原。昨年からは同サービスのブランドアンバサダーに就任している。

イベントでは撮影時を振り返り、「すごくフランクな雰囲気で和気あいあいとした現場。その感じが映像に出たと思います。放送後はすごく好評で海外のファンからも反響がありびっくりしました!」とにっこり笑顔を見せた。

関連記事:水原希子、『The Covers』新MCに就任 スペシャル企画は「シティ・ポップ」

■「ご縁」のある出会い

No image

イベントにはアプリを使う現役大学生らも登壇し、マッチングの最新事情について水原を交えトークセッションが行われた。

男子大学生が「アプリで無限に出会えるからこそ、際限がなくいつまでも続けてしまう。ご縁や出会いの有り難みが減っているかも」と悩みを明かすと、「一回そのルーティーンにはまると楽しいし、まだ若いからとりあえず出会いまくって良いのかも。本当に縁がある人だと、どこかのタイミングで急に思い出す瞬間があるもの」と、大人の女性としてアドバイスを展開。

■ストレート過ぎるアドバイスを後悔?

No image

「その時はピンときてなくても、いつか『あの人との会話面白かったなぁ』と思えることがあったりします。ご縁は後から気づくこともあるんですよね。一つひとつの出会いを大事にしながら、もっと気軽に使うべき……大丈夫かな(笑)。こんなアドバイスで」と続けた。

現在、マッチングアプリ業界では、運営側の綿密なパトロールやAI技術を駆使した監視などを通して、出会いの“安全性”を高めている。女子大学生に「(純粋な出会いを求めているのに)過去には怪しいなぁと感じる男性との出会いもあった。どう見極めたらいいか」と問われると、「自分が使う時はなるべくプロフィール情報が多い人を選んでいます。インスタグラムのURLが載っていたらそこに飛んで、どんな写真上げているのかなとチェック。ちょっとストーカーみたいですが…(笑)」と意外な手法を明かした水原。

■水原流の活用術

No image

「それでも相手のことは100%はわからない。会うことがもし心配だったら、友達に付いてきてもらえばいい! その条件を呑んでくれる相手だったら、なお信頼できませんか? 拒否られたら変なやつだったって思えばいいし」と水原流のマッチング術も。登壇していた大学生、さらにはTinder Japanカントリーマネジャーのチョウ・キョ氏もその手法を聞き、大きくうなづいていた。

水原自身も現在Tinderを利用し続けており「出会いのツール。海外行った際は、地元の女性と出会ってその人に案内してもらうことも。色々な活用法があります」と恋愛以外のカジュアルな利用法についても語っていた。

・合わせて読みたい→西村博之氏、マッチングアプリ利用者を一刀両断 「ブサイクだったらマッチするわけない」

(取材・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加