日立、カメラ付きの大容量スリム冷蔵庫。買い物しながら庫内をスマホで確認

日立、カメラ付きの大容量スリム冷蔵庫。買い物しながら庫内をスマホで確認

  • 家電 Watch
  • 更新日:2023/01/25
No image

まんなか冷凍 GXCCタイプ「R-GXCC67T」

日立グローバルライフソリューションズは、アプリで冷蔵室内の食材をチェックできる「冷蔵庫カメラ」を搭載した、定格内容積670Lの冷蔵庫「まんなか冷凍 GXCCタイプ R-GXCC67T」を、3月上旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は540,000円前後。

No image

定格内容積670Lの冷凍冷蔵庫

定格内容積が670Lでありつつ、奥行き65.4cmのスリム設計。同社は、一般的なキッチンに設置しても冷蔵庫の出っ張りが少なく、すっきりフラットに置けるとともに、庫内の奥の食品まで見やすく、取り出しやすいとしている。

No image

スリム設計なので、庫内を見渡しやすい

No image

庫内の奥の食品まで、取り出しやすい

冷蔵庫の上部に搭載したカメラが、冷蔵室のドアを開けた際に、自動で冷蔵室の棚と左右ドアポケットを撮影。専用アプリ「日立冷蔵庫コンシェルジュアプリ」により、スマートフォンからいつでも冷蔵室内の画像を確認できる。これにより、買い忘れや既に買ってある食材の二重購入を減らせるとしている。

No image

冷蔵庫の上部に搭載したカメラが、冷蔵室のドアを開けた際に、自動で冷蔵室の棚と左右ドアポケットを撮影

No image

買い物中にも、専用アプリで冷蔵室内の画像を確認できる

冷蔵室の棚のどこに置いても鮮度が長持ちする「まるごとチルド」など、食品をおいしく保存できる各種機能を備える。

冷蔵室には、棚スペース全体がチルド温度約2℃、湿度約80%となる「まるごとチルド」を採用。約2℃の低温保存により、食材を冷蔵室内のどこに置いても鮮度が長持ちする。

冷蔵室下部には乾燥を抑え、凍らせない約-1℃で肉や魚をおいしく保存する「特鮮氷温ルーム」を搭載。また野菜室下段スペースには、野菜を眠らせるように保存してみずみずしさを長持ちさせる「新鮮スリープ野菜室」と、冷凍室下段1段目にはすばやくおいしくホームフリージングできる「デリシャス冷凍」を備える。

No image

冷蔵室の棚スペース全体に「まるごとチルド」を採用。冷蔵室内のどこに置いても鮮度が長持ち

No image

凍らせない約-1℃で肉や魚をおいしく保存する「特鮮氷温ルーム」

No image

野菜のみずみずしさを長持ちさせる「新鮮スリープ野菜室」

No image

すばやくホームフリージングできる「デリシャス冷凍」

本体は、奥行きがスリムなのに加えて、ドアの分割を左右対称に設計。操作部やハンドルによる凹凸をできるだけ少なくしたことで、フラットかつシンプルな形状とした。色調や柄とともに、キッチンに調和する上質なデザインを目指したという。

No image

上質なデザインを目指したという

本体サイズは880×654×1,875mm(幅×奥行き×高さ)。定格内容積は、冷蔵室が352L、製氷室が31L、冷凍室上段が31L、冷凍室下段が132L、野菜室が124L。本体色はバイブレーションモーブグレーの1色。

なお、冷蔵庫カメラを搭載した「まんなか冷凍 HXCCタイプ」の「R-HXCC62T」(定格内容積617L)と「R-HXCC54T」(同540L)を2月中旬に発売する。価格はいずれもオープンプライス。店頭予想価格は順に、510,000円前後、450,000円前後。

そのほか、冷蔵庫カメラ非搭載の「まんなか冷凍 HXCタイプ」の「R-HXC62T」(同617L)と「R-HXC54T」(同540L)を2月中旬に、同じく「まんなか冷凍 HWCタイプ」の「R-HWC62T」(同617L)、「R-HWC54T」(同540L)と、「R-HWC49T」(同485L)を、2月上旬に発売する。価格はいずれもオープンプライス。店頭予想価格は順に、450,000円前後、400,000円前後、430,000円前後、370,000円前後、350,000円前後。

河原塚 英信

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加