台湾の朝食シリーズ:第2回 ながーい揚げパン・油條 / サクッとふわふわ食感を豆乳のスープに浸していただきます♪

台湾の朝食シリーズ:第2回 ながーい揚げパン・油條 / サクッとふわふわ食感を豆乳のスープに浸していただきます♪

  • Pouch
  • 更新日:2020/10/17
No image

【美味しい楽しい♪台湾の朝食】

美食の国、台湾には魅力的なメニューがいっぱい。台湾在住ライターのYui Imaiが日本とはひと味ちがう台湾のモーニングを紹介します。

台湾では朝ごはんを外食やテイクアウトする人が多く、街には朝食ブランチ店がたくさん。わたしも台湾の朝ごはんが大好きで、移住してからはしょっちゅう通ってます♡

魅力的な台湾の朝食メニューの中から、第2回目はなが~い揚げパン「油條(ヨウティァオ)」を紹介したいと思います。

【店先で揚げられていく細長い揚げパン・油條】

台湾の豆漿店(豆乳店)と呼ばれる朝ごはん店では、朝早くからなが〜い揚げパンが次々と揚げられていく様子を見ることができます♪

No image

この細長い揚げパンは「油條」といい、台湾朝ごはん定番のメニューです。

【サクッとふわふわ食感がたまらない】

さっそく注文して手に持ってみると、揚げたての油條はまだあったかくてほかほか♡ そしてかなり長いです。

No image

ひとりで食べきれるかな?と心配になってしまうかもしれませんが、表面はサクッと、中はふわふわで軽い食感なので意外といけちゃうのです。

もちろん、何人かでシェアしてながらいただくのもおすすめ。わたしの台湾人の友人は、子供のころは油條を縦に半分に割いて、お父さんと2人で分けて食べていたみたいですよ。

【豆乳や鹹豆漿にひたしながらいただくのが現地風!】

油條にはほんのり塩味がついているのでそのまま食べてもおいしいのですが、現地ならではの食べ方は、前回紹介したあたたかい豆乳や塩気のある豆乳スープ・鹹豆漿(シエンドウジャン)にひたしながらいただく方法!

No image

サクサクだった油條を豆乳にひたすと、その部分がほんのり麩のようなやわらかさに変化します。

No image

ひとくちいただくと、焼きたて揚げパンの香ばしさが口いっぱいに広がります。加えて鹹豆漿の塩気と優しい味わいが、油條のおいしさをひきたててくれるのです……!

実は鹹豆漿の中にもカットされた油條が入っているのですが、揚げたての油條の場合はサクッと食感も残っているので、よりおいしく感じます♪

【お手軽価格もうれしい】

今回わたしが油條をいただいたのは台北MRT雙連駅近くの「世紀豆漿大王」というお店なのですが、こんなに長く大きくて、値段はたったの15元(約55円)でした。お手頃価格がうれしい♡

No image

台湾の朝ごはん店に行く機会があったら、ぜひ試していただきたいメニューです。

撮影・執筆:Yui Imai
Photo:(c)Pouch

動画・画像が表示されていないときはこちらから

Yui Imai

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加