避難所運営にも「顔認証システム」その効果は?【熊本】

避難所運営にも「顔認証システム」その効果は?【熊本】

  • RKK熊本放送
  • 更新日:2021/11/25

災害が起きた時などに設置される避難所運営の効率化を図るため、顔認証システムを活用した実証実験が荒尾市で行われました。

訓練避難訓練で小学生が地域住民を誘導した体育館に設置されているのは、顔認証システムです。

これは避難者の名簿作成や人数の把握など煩雑になる受付業務を効率化し、安否確認も同時に行うことが期待されています。

顔認証システムに住民の情報を事前登録することで住所や名前を避難所で記入する必要がなく、不審者の侵入防止にもつながるということです。

「入り口で受付で混乱するよりも顔認証が出来たらスムーズにいくと思います」(参加者)

「教えてもらいながら安心して出来ました」(参加者)

荒尾市は参加者のアンケート結果などを踏まえ、今後システムの導入を検討することにしています。

熊本放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加