ボイラー爆発後の蒸気機関車を記録した古写真(19世紀後半から20世紀前半)

ボイラー爆発後の蒸気機関車を記録した古写真(19世紀後半から20世紀前半)

  • カラパイア
  • 更新日:2020/05/11

ボイラー爆発後の蒸気機関車 vintag.es 19世紀後半から20世紀始めにかけて、蒸気機関車のボイラーはたびたび爆発したそうだ。
 その原因は、スケーリング(不溶性固形物がボイラー内に付着すること)やオーバーヒートを引き起こす水処理のミス、低水位、安全バルブの詰まり、あるい機関士・機関助士の操作みすなど、たくさんある。最悪の場合、ボイラー爆発につながる炉の爆発もある。
 失敗は成功の母とも言わ

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加