大谷翔平、次回登板は6日の可能性 指揮官が示唆「今日はすべて良かった」

大谷翔平、次回登板は6日の可能性 指揮官が示唆「今日はすべて良かった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/06
No image

試合後のオンライン会見で大谷の次回登板について話すマドン監督

「エンゼルス3-7レイズ」(3日、アナハイム)

エンゼルスの大谷翔平投手(26)が「2番・指名打者」で出場し、六回にメジャートップタイの9号2ランを放つなど、4打数2安打2打点だった。前日のマリナーズ戦で右肘に受けた死球の影響で予定されていた登板を回避したが、6戦ぶり8度目のマルチ安打で打率を・272とした。チームは2連敗で借金1。

試合後の会見でマドン監督が大谷の次回登板について言及。「明日(4日)の状態を確認してから」と前置きしながら「水曜日(5日、日本時間6日のレイズ戦)の可能性がある」と話した。

死球から一夜明けたこの日の大谷は患部に痛みがあったため、登板を回避したが、指揮官は「試合前にキャッチボールを行ったが、いい感じで投げていた。スイングもかなり良かったし、今日はすべてが良かった」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加