DeNA・オースティンに代打 走塁中にアクシデントか

DeNA・オースティンに代打 走塁中にアクシデントか

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/09
No image

1回、オースティンは左越えに12号2ランを放つ(撮影・佐藤厚)

「西武-DeNA」(9日、メットライフドーム)

DeNAのタイラー・オースティン外野手(29)が六回の打席で代打を送られた。

オースティンは四回に四球で出塁。2死満塁から宮崎が左翼線に走者一掃となる適時二塁打。一走のオースティンは激走で一気に生還したが、走塁中に足を痛めた模様。顔をしかめながら生還し、苦悶(くもん)の表情を浮かべながらベンチに駆け込んだ。

オースティンはここまで46試合に出場し、打率・327、12本塁打29打点。この日も初回に12号2ランを放っていた。5月18日の中日戦(横浜)からは佐野と入れ替わり4番に座っていた。走攻守で全力プレーを見せている助っ人の離脱だけは避けたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加