【エーデルワイス賞】スピーディキックが激戦制し重賞2連勝 北海道勢5連覇

  • スポーツ報知
  • 更新日:2021/10/14

◆報知新聞社杯第24回エーデルワイス賞・交流G3(10月14日、門別・ダート1200メートル=14頭立て)

2歳牝馬14頭(JRA4頭、北海道10頭)によって争われ、地元北海道所属で3番人気のスピーディキック(岩橋勇二騎手)がタイム差なしの接戦を制して重賞2連勝を飾った。勝ち時計は1分12秒2(重)。北海道勢は5年連続勝利となった。

JRAからの遠征で1番人気を集めたヒストリックノヴァ(田辺裕信騎手)が首差2着。さらに頭差の3着には5番人気のエイシンヌプリ(落合玄大騎手)が続いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加