アート情報が満載!障害のある人向け特別鑑賞会や、話題の「ヘラルボニー」による仮囲いでのアート展、ニューバランスとパラリンアーティストのコラボTも

アート情報が満載!障害のある人向け特別鑑賞会や、話題の「ヘラルボニー」による仮囲いでのアート展、ニューバランスとパラリンアーティストのコラボTも

  • LITALICO発達ナビ
  • 更新日:2022/01/15

障害のある作家たちの異彩をさまざまな形で届けるヘラルボニーが池袋サンシャインシティ内の仮囲いで「UPCYCLE ART MUSEUM」を開催中。3月31日(木)まで

No image

Upload By 発達ナビニュース

東京・池袋にあるサンシャインシティでは、工事に伴い設置した仮囲いで株式会社ヘラルボニーが主催する「UPCYCLE ART MUSEUM(アップサイクルアートミュージアム)」が開催されています。

ヘラルボニーは「異彩を、放て。」をミッションに掲げる福祉実験ユニット。日本全国の主に知的障害のある作家・福祉施設とアートライセンス契約を結び、2,000点以上のアートデータを軸に作品をプロダクト化するアートライフブランド「HERALBONY」、建設現場の仮囲いに作品を転用する「全日本仮囲いアートミュージアム」など、福祉領域の拡張を見据えた多様な事業を展開しています。

今回の「UPCYCLE ART MUSEUM」では、池袋のランドマークである「サンシャインシティ」を構成する「太陽」「海」「自然」「空」を表したアート作品全13点を仮囲いに展示。異彩を放つ作品の数々が2022年3月31日(木)まで開催されています。ぜひ足を運んでみてください。

〈詳細〉
【期間】:2021年12月1日(水)~2022年3月31日(木)
【料金】:無料
【場所】:サンシャイシティ ワールドインポートマートビル 1F( 東京都豊島区東池袋3丁目1−3)

障害のある人によるアートで年商1億。若き双子起業家、原点は自閉症の兄と育った子ども時代に感じた違和感――発達障害を描いたCMプロデューサーが聞く【連載 #見えない障害と生きる】

障害のある方のための特別鑑賞会「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」東京都美術館で3月14日(月)に開催、事前申込は1月24日(月)まで

No image

Upload By 発達ナビニュース

東京都美術館では、「障害のある方のための特別鑑賞会」を開催しています。普段、美術館は行きづらいと感じている人も、この特別鑑賞会は、特別展の休室日に事前申込制で行われるため、ゆっくり過ごせるので安心です。また当日は、とびらプロジェクトで活動するアート・コミュニケータ(とびラー)が受付や移動のサポートをします。

https://tobira-project.info/about/#concept

参考:「とびらプロジェクト」とは?美術館を拠点にアートを介してコミュニティを育むソーシャルデザインプロジェクト

2022年3月14日(月)の特別鑑賞会は、「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」。大規模な修復プロジェクトによってキューピッドの画中画が現れ、フェルメールが描いた当初の姿となった《窓辺で手紙を読む女》が公開されます。ドレスデン国立古典絵画館でのお披露目後、公開されるのは東京都美術館での公開が世界初となります。ほかにも同館が所蔵するレンブラント、メツー、ファン・ライスダールなどオランダ絵画の黄金期を彩る珠玉の名品約70点も展示。事前申込の期間は2022年1月5日(水)~2022年1月24日(月)まで。この機会にぜひ、チェックしてみてください。

〈詳細〉
【日時】:2022年3月14日(月) 10:00~16:00(入室は時間指定制)
【対象】:療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・身体障害者手帳・愛の手帳・被爆者健康手帳などをお持ちの方400名とその介助者(1名まで) ※対象人数を超過した場合は抽選
【会場】:東京都美術館(東京都台東区上野公園8−36)
【観覧料】:無料(※介助者1名までを含む)
【申込方法】:申込フォーム、メールまたは郵送
【申込期間】:2022年1月5日(水)~2022年1月24日(月)
※申込フォームとメールの場合は締切当日24:00まで、郵送の場合は当日消印有効の受付となります。

※「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」は、1月22日(土)からの開催を予定しておりましたが、開幕日の延期を決定しました。詳しくは下記をご覧ください。

https://www.tobikan.jp/information/20220106_1.html

東京都美術館|お知らせ

ニューバランスとパラリンアートアーティストがコラボレーションしたグラフィックTシャツ「9BOX」

No image

Upload By 発達ナビニュース

“Fun for Sport, Fun for NB”をコンセプトにニューバランスが2019年よりスタートしたグラフィックTシャツコレクション「9BOX(ナインボックス)」。2021年秋には、パラリンアートアーティストたちがデザインした9つのTシャツが生まれました。

パラリンアートとは、「障がい者がアートで夢を叶える世界を作る」を理念に、障害のある人たちの社会参加と経済的自立を推進する取り組みです。今回Tシャツのデザインを手掛けたのは、そのパラリンアートでアーティストとして活躍する9人。ニューバランスとのコラボレーションのために描き下ろしました。
スポーツブランドだからこその日常でもスポーツでも快適に過ごせる柔らかな風合いと汗もさらりと吸収してくれる機能性と、アーティストたちの想いのこもったデザインが組み合わさって生まれた、唯一無二のTシャツコレクション。サイズは、XXSサイズからXLまでなので、お子さんから大人まで選べます。購入はニューバランスの店舗かオンラインショップで。着るだけで笑顔になれるグラフィックTシャツをぜひチェックしてみてください。

障害のある子どもたちと東京藝術大学の学生による共創アートギャラリー「一緒につくる。展」有楽町マルイで開催中、2022年2月28日(月)まで

No image

Upload By 発達ナビニュース

障害のある子どもたちの「”やりたくてもできない”を0にする」をミッションにする株式会社エラフルーは、特別支援学校の小学生向けのアートイベントやアトリエ教室を運営しています。そのエラフルーが主催する「一緒につくる。展」。子どもたちが創造した爆発的なアートと東京藝術大学の学生が共創したアート作品が並びます。心を動かされる独創的な作品の数々をご覧ください。

〈詳細〉
【会期】:2021年12月11日(土)~2022年2月28日(月)
【時間】:11:00~20:30(有楽町マルイ営業時間に伴います)
【料金】:無料
【会場】:〒100-0006 東京都千代田区有楽町2丁目7-1 有楽町マルイ 8F共有スペース
【主催】:株式会社エラフルー

LITALICO発達ナビ無料会員は発達障害コラムが読み放題!
https://h-navi.jp/column

子どもの通学・通勤時の電車移動が心配な方へ。幼少期から成人後まで「まもレール」という新しい見守り方を提案ADHD息子の好奇心と感性を刺激!科学館も博物館もスルーだった息子が、唯一ときめいた場所とは…!?ADHDって何?タイプ別に症状を解説【マンガで学ぶ子どものADHD】発達凸凹の子どもの「得意」を伸ばす!サポート法やアドバイスが詰まった「2E 得意なこと苦手なことが極端なきみへ」。著者・高山恵子先生インタビューも

発達ナビニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加