乱暴な口調を真似する息子にうんざり...なママに!!「悪影響ばかりじゃないらしい」

乱暴な口調を真似する息子にうんざり...なママに!!「悪影響ばかりじゃないらしい」

  • CHANTO
  • 更新日:2020/10/18
No image

幼い頃の子どもは、見たり聞いたりしたことを真似しがちですよね。子どもが悪ふざけで大人の話し方や行動を真似したら、親としてはやめさせたいところ…。先日、ネット上では“テレビで見た人の口真似をする子ども”に悩む女性の投稿が話題になりました。

お笑い芸人の口真似をする息子にイラっ

事の発端は、小学校低学年の息子を育てるワーママからの「お笑い芸人の口真似をする子どもにウンザリ」という不満でした。詳しく状況を見ていくと、女性は「うちの息子はテレビでお笑い芸人のネタをよく見るのですが、その影響で『なんでやねん』『アホか!』と関西弁のツッコミが口癖に…」「息子に『ご飯だよ』『起きなさい』と言っても、ふざけて“関西弁ツッコミ”で返されるので毎度イラっとします」とコメント。“ツッコミ”の回数が限度を超え始めたので、彼女は何とか口真似をやめさせたいそうです。

“口真似をする”子どもに悩む親は多く、他にも「アニメキャラクターの口癖を真似する娘。人前でも平気でやるからかなり恥ずかしい…」「うちの子どもはドラマの決め台詞を1日に何度も言ってくる。『はいはい』って流すのも疲れてきた」などの声が目立ちます。

乱暴な言葉だった場合は厳重注意!?

“子どもの口真似”に手を焼く親は少なくないようですが、一方で「放っておく」という家庭もある模様。「子どもは飽きっぽいので、放置していたらそのうち言わなくなる」「汚い言葉や周りを傷つけるワードじゃなければ気にしない」といった意見も上がっていました。

しかし乱暴な言葉を真似した場合は、「学校で問題になりそうな言葉を覚えた際は徹底的に注意する」「酷い真似を続けるようであれば、テレビの視聴を禁止にします」などの声が。中には「予め子どもが見ても問題ない番組かチェック。下品なワードが出てくるなら一切見せません」と徹底している親も見られます。

子どもの口真似は悪影響を与える印象がある中、「真似していたおかげで、モノマネが上手くなったよ」「バラエティ番組の会話をよく真似ていたので、ツッコミが得意になりました(笑)」など“ユーモアスキル”を得たパターンもあるようです。

>>NEXT 乱暴な口真似は親が原因の可能性も…

親も言葉遣いを改めるべき!?

「良くない」とは一概に否定できない“口真似”。しかし実際に乱暴な言葉遣いが習慣化した場合、親としては見過ごせないですよね。それでは、どのように対処すればいいのでしょうか?

以前放送された『すくすく子育て』(NHK)によると、子どもの言葉遣いを正すためにはまず“親が言葉遣いを改める”必要があるそう。東京学芸大学教授の岩立京子さんは「親が乱暴な言葉遣いをしているのならば、子どもはそれを真似してしまいます」「親は大人に対して言えないようなことを、子どもには言ってしまいがち」とコメント。さらに「子どもの乱暴な言葉遣いを直したいのであれば、親も直すように意識してください」とアドバイスしていました。

意外と悩む親が多い“子どもの口真似”問題。言葉遣いが乱暴にならない限りは、個性として認めてあげるのも1つの手かもしれません。

関連記事:

うるせー、ばばぁ、バカ……子どもの乱暴な言葉遣いへの対処法と直し方

天使なわが子が下品なことばにハマった…!対処法は?

文/牧野聡子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加