犬の噛み癖を直す方法3選!やってはいけないNG行為まで解説

犬の噛み癖を直す方法3選!やってはいけないNG行為まで解説

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2021/02/24
No image

犬はどうして人間を噛むの…?

No image

犬の「噛み癖」は、犬を飼っている方を悩ませる問題行動の一つです。

甘噛みのうちはまだ良いです。本気で噛まれると、歯形がくっきり残って血が出たり、内出血になるくらい痛いです。

私自身が経験者なので、凄くよく分かります。

そもそも、犬はどうして噛むのでしょうか?理由はいくつか考えられます。

《犬が人間を噛む理由》

遊んで欲しい

自分のものを守りたい

怖いと感じている

抵抗の意思表示

噛み癖があると、誰かを噛んで怪我をさせる可能性があり、家に知り合いを招いたり、ドッグランに連れて行くのも躊躇してしまいますよね。

犬の自由度を上げるには、噛み癖が習慣化する前に直しておくのが賢明です。

犬の噛み癖を直す方法

No image

1.低い声で叱る

高い声は、叱るときには不向きです。男性の言うことを聞く犬が多いのは、地声が低いことが関係していると言われています。

意識的に低い声で叱ることで、「いけないことをしてしまった」と犬が認識します。立ち上がった状態で見下ろしながら叱ると、より効果的です。

2.無視する

噛まれても反応せずに無視する方法です。一切目を合わせずに、触ったり撫でるのも控えて下さい。

家の中であれば、犬をそのままにして別室へ行くと「あれ、何か悪いことしちゃったかな?」と犬に思わせることが出来るでしょう。

時間は15~30分程度を目安にします。良心が痛むかもしれませんが、犬のためにじっと我慢です!

3.大きな音を立てる

犬は大きな音が苦手です。その心理を利用して、しつけに用いる方法になります。

例えば、「手を叩いて音を出す」「壁を叩く」など、音はどれか1種類に絞り、短く1回だけ鳴らすのがポイントです。犬の位置から見えないように行って下さい。噛むと嫌なことが起こる、と犬に思わせます。

音に慣れてしまうと効果がなくなるので、使用頻度を下げるために他の方法と併用して行いましょう。

やってはいけないNG行為

No image

長い時間叱り続ける

必要以上に長い時間叱っていても、犬には通用しません。ストレスだけが増殖し、あくびや体を掻くなどのカーミング・シグナルを見せるようになります。

叱る側としても疲れてしまうので、叱るときは短時間集中の一択に限ります。

マズルを掴む

マズルとは、鼻先から口元にかけての部位を指します。昔は犬が悪いことをしたときに、マズルを掴む「マズルコントロール」が浸透していました。

しかし、マズルは犬の急所であり、不快感やトラウマを植え付ける原因になるため、最近では、マズルを掴む行為に対して反対派の意見が挙がっています。

犬が自分の尻尾を噛んでいる!

No image

子犬に見られる行動として、自分の尻尾を追い掛ける「尾追い」があります。

これだけだと遊びであることが多いのですが、尻尾を噛んでいるときは要注意です。「常同障害」と呼ばれる心の病気が考えられます。

《尻尾を噛むことが多い犬種》

柴犬

ポメラニアン

ジャックラッセルテリア

尻尾を噛みちぎったり、傷口が悪化する前に動物病院を受診しましょう。

まとめ

No image

噛み癖を直すための方法を3つご紹介しましたが、犬の性格に合わせたしつけを行って下さいね。犬を追い詰めることが目的ではないので、精神的に追い込まないよう気を付けましょう。

良いことが出来たときはしっかり褒めて「叱る×褒める」のメリハリを付けると、犬の成長に繋がっていくはずです。

飼い主からの褒め言葉は、犬にとって一番のご褒美ですよ♡

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

【意外なメリット】犬がいる家庭の赤ちゃんは耳や呼吸器官が強い!?

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
_ayu.0629_

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加