【東スポ杯2歳S】ドゥラヴェルデ元気 3頭併せで鋭伸!木村師は重賞初Vへ期待

【東スポ杯2歳S】ドゥラヴェルデ元気 3頭併せで鋭伸!木村師は重賞初Vへ期待

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/20
No image

上々の動きを見せたドゥラヴェルデ(手前)=撮影・三好信也

「東スポ杯2歳S・G3」(23日、東京)

ドゥラヴェルデが19日、美浦Wで切れのある動きを見せた。前にキングテセウス(4歳障害未勝利)、後ろにエスタジ(4歳3勝クラス)という形でスタート。4角で2頭の間に入り、馬なりで5F69秒2-39秒3-11秒9を記録。前者に2馬身先着、後者とは併入でフィニッシュとなった。

追い切りを見守った木村師は「元気があり、(レースで)頑張ってくれるかな、というものでした」と目下の感触を伝える。新馬戦ではメンバー最速の上がり3F33秒1を記録してV。モタれるなど若さを露呈しつつも、後続に3馬身差をつける圧巻の内容だった。「入厩当初から素質の高さを感じていた馬ですからね」と指揮官は重賞初Vへの期待を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加