玉正鳳が7戦全勝で幕下V「関取を目指したい」片男波親方、玉鷲からの助言生かす

玉正鳳が7戦全勝で幕下V「関取を目指したい」片男波親方、玉鷲からの助言生かす

  • 日刊スポーツ(バトル)
  • 更新日:2022/11/25
No image

幕下優勝を決めた玉正鳳(撮影・岩下翔太)

<大相撲九州場所>◇13日目◇25日◇福岡国際センター

幕下は東幕下23枚目の玉正鳳(29=片男波)がただ1人の7戦全勝で優勝を飾った。勝利を収めると両拳を握るようなしぐさで喜びを表現し、自身初めての各段優勝を祝った。「うれしいですね」と喜びをかみしめた。

6戦全勝同士の七番相撲で、西幕下41枚目の峰刃(23=錣山)に鮮やかなはたき込みを決めた。「結構緊張しました。とりあえず(相手を)つかんで取ろうと思って、引いたらいけるんじゃないか」と狙い通りの攻めを見せた。

師匠の片男波親方(元関脇玉春日)や部屋頭で小結の玉鷲(38=片男波)からの助言を生かした。「毎日稽古で教えてもらって、とりあえず気を抜かないようにとか、普段の心とかですかね」。信頼する2人からもらった言葉が力に変え、五番相撲で大関経験者の朝乃山を破るなど勢いに乗った。

来年への期待が膨らむ。「(来年は)前に出る相撲をやって、関取を目指したい」と力強く意気込み述べた。

◆東23枚目 本名・エルデンビィールグ・エンクマンライ。モンゴル・ウランバートル市出身。11年秋場所初土俵。189センチ、119キロ。得意は右四つ、寄り、投げ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加