常葉大菊川4強ならず 石岡監督「自分の責任」静岡

常葉大菊川4強ならず 石岡監督「自分の責任」静岡

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/08/01
No image

試合後、スタンドへあいさつする常葉大菊川の選手たち。奥から2人目が石岡監督

<高校野球静岡大会:聖隷クリストファー2-1常葉大菊川>◇1日◇準々決勝◇草薙球場

今年4月に就任した常葉大菊川・石岡諒哉新監督(31)と3年生だけで挑んだ夏は、準々決勝で終わった。

1点を追う7回裏、無死三塁から3番神谷建太朗主将の中犠飛で同点。土壇場でタイブレークに持ち込んだが、惜敗した。この日は6安打を放ちながらも4併殺と、最後まで波に乗りきれなかった。石岡監督は「選手たちはよくやってくれた。勝たせてあげられなかったのは自分の責任」。神谷は「勝てた試合を落とした。『石岡さんが監督になって最初の代で優勝』という目標を達成できず、悔しい」と話し、涙を流した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加