「大恐竜展 秋田」の来場者1万人到達 秋田市と千葉県の家族に記念品

「大恐竜展 秋田」の来場者1万人到達 秋田市と千葉県の家族に記念品

  • 秋田テレビ ニュース
  • 更新日:2022/08/05

7月23日から秋田市で開かれている「大恐竜展」の来場者数が5日、1万人に到達し、記念のセレモニーが開かれた。

1万人到達の記念すべき来場者は、秋田市から来た坂倉さんと千葉県から来た鈴木さんの2組の家族。この家族は友人同士で、顔を合わせたのは5年ぶり。恐竜好きの子どもたちと夏休みを楽しもうと会場を訪れた。

セレモニーでは、秋田県立博物館の小園敦館長から、恐竜のぬいぐるみや記念品が手渡された。

坂倉 悠太さん:
「こんなこと初めてで、びっくり」

鈴木 琥大郎さん:
「これから恐竜展を楽しみたい」

会場では、恐竜の中でも最も強いとされるティラノサウルスが間近で見られるほか、国の内外で発掘された恐竜やアンモナイトの化石など、約90点が展示されている。

子どもはもちろん、大人も楽しめる「大恐竜展」は、8月28日まで秋田市の県立博物館で開かれている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加