三浦翔平&矢作兼、岐阜の秘境へ先の読めないランチ旅 「完璧なオチでした」

三浦翔平&矢作兼、岐阜の秘境へ先の読めないランチ旅 「完璧なオチでした」

  • Sirabee
  • 更新日:2022/09/23
No image

24日12時に放送される『なぁんで昼メシ食いに行くのにこんな時間かけていくのかなぁ。』(テレビ東京系)。おぎやはぎ・矢作兼がMCを務め、三浦翔平はテレビ東京初出演となる。

■食べ東ウィークを開催

テレビ東京では19日から25日の1週間、「~テレ東系 食べる1週間~食べ東 世界を幸せ口(ぐち)にする」と銘打って1週間グルメをテーマにしたキャンペーンを実施中だ。企画・監修は秋元康氏。

期間中、各番組内で「食」や「グルメ」の企画を取り上げるほか、食べ東ウィークならではのグルメ特番も目白押し。番組を見れば見るほどグルメ券が当たるプレゼントキャンペーンや、グルメドラマの配信、池袋でのグルメフェスやおとりよせの福袋など様々な「食」に関するイベントを開催し“食べ東”ウィークを盛り上げる。

そうした“食べ東”ウィークの週末の昼間ならではの特番、同番組が24日に放送される。

関連記事:『中居正広のただただ話すダーケ』 MC中居正広がテレ東午後4時に三たび登場

■三浦、テレビ東京初出演

同番組はMCの矢作が、バスや電車などの公共交通機関を使って、ゲストの行きたい“地方の名店”に昼メシを食べに行くだけの番組だ。 「寄り道は、最高のスパイスだ。」を裏テーマに、ゲストがこの旅でやりたいことを叶えてあげながら、ゴールである地方の名店を目指す。

矢作と一緒に旅をするのは、テレビ東京初出演、番宣なしで駆けつけた三浦、声だけ出演する謎の“旅の声”。この3人でランチ旅をする。

■「完璧なオチでした」

ランチ旅をした3人からコメントが届いている。

旅の声:お2人、今日はいかがだったでしょうか?
三 浦:いや、最高でした。こんなにも常識を覆されることはなかったです。いろんな意味で。
矢 作:本当に、寄り道というフリが効いていますよね。長いフリだったけど、長いフリってオチが大事じゃないですか。完璧なオチでしたね。美味しすぎました。
三 浦:でも、あの家族がいてくれないとここに辿り着いていない。
矢 作:あーそうだ、あの家族のおかげで我々は美味しい物にたどり着けたよね。

旅の声:そして途中から雲がパカッと開いてお2人に後光が差したりとか…お空も味方してくださったんじゃないでしょうか。
矢 作:正直、雲がパカっと開いて日が差したときはすごい嫌でした笑
三 浦:1番ピークに疲れていたときだったかもしれないですね笑
矢 作:ちょうど山を登っていたところだったので辛かったです、早く食わせろと思いました笑

旅の声:そうは言っても、それを乗り越えた先にある絶景をお客様に見せたいですね!
矢 作:それはそうですね…
旅の声:途中で五・七・五もありますよ~!
矢 作:五・七・五は、そんなに期待しないでもらいたいです笑

■先の読めないランチ旅番組

起床は3時、集合は4時、出発は朝5時。早朝に東京を出発してバスやら、電車やらで、岐阜県の秘境にある名店「かたつむり」を目指す。

「寄り道は、最高のスパイスだ。」ということで、旅の声に連れられ、岐阜県が誇る〈絶景 金華山〉に辿り着いたり、〈清流 長良川〉の鵜飼観覧船に乗ってみたり、矢作と三浦が「ブツくさ」言いながら、「ミチくさ」をして、岐阜県を味わい尽くす。

そして、ゴールに待つ、数々の食通たちが足繁く通う、そこでしか食べられない“至極の料理”とは? 次の休みに是非真似したくなる、先の読めないランチ旅番組となっている。

・合わせて読みたい→高島礼子らが旅人『ワンコインで行こう!』 500円で超おトクな旅を満喫

(文/Sirabee 編集部・ほさかちよこ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加