大院大ドラフト候補右腕・打田 完投も黒星、運命の26日へ「どんと構えて、待っときます」

大院大ドラフト候補右腕・打田 完投も黒星、運命の26日へ「どんと構えて、待っときます」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/19

◇関西六大学野球連盟秋季リーグ戦第7節1回戦 大院大3―4龍谷大(2020年10月18日 皇子山)

No image

<大院大・龍谷大>今秋ドラフト候補の大院大・打田雷樹投手

今秋ドラフト候補で最速147キロ右腕の大院大・打田雷樹投手(4年=日本航空石川)は9回を投げ抜くも、10安打4失点で敗戦を喫した。

「終盤に気持ちが入って下半身が使えず、直球が浮いていた。カットボールで空振り三振を取れたのは良かった」

6回までに6三振を積み上げたが、0―2の7回は4連打を浴びて3点目、9回は2死二、三塁から3番・島野に右前適時打を許した4点目を献上した。

26日に控えるドラフト会議へ向けては「ここまで来たら待つだけなので。どんと構えて、待っときます」と話した。

打田とともにプロ志望届を提出している脇屋紀之外野手(4年=明徳義塾)は「5番・左翼」で出場し、3打数無安打だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加