倉見 行安寺で晋山式 コロナ禍、2年越しの実施へ〈寒川町〉

倉見 行安寺で晋山式 コロナ禍、2年越しの実施へ〈寒川町〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/09/23

浄土宗寶積山行安寺(倉見1873)で10月10日(月)、住職就任式となる「晋山式」が行われる。同寺として80余年ぶり、町内でも20余年ぶりの稚児行列を伴う晋山式。金田隆敬住職=人物風土記で紹介=は、コロナ禍の2020年から同寺に従事しており、「やっと皆さまにご報告できます」と約2年越しの開催を喜んでいる。

晋山式とは、新しく住職となった僧侶が寺の本尊に報告するとともに、近隣寺院の僧侶や檀信徒に報告する儀式を言う。

行安寺では、総代家(ファミリーマート寒川倉見東店そば・下部地図参照)から稚児を伴う練り行列で寺へ向かい、代々伝わる衣や過去帳などが伝授され、金田住職の就任を報告する。

福岡から寒川へ

同寺では、先代の内田高信住職が2014年に逝去してから、兼任住職を選任して檀家の葬儀・法要全般にわたり対応してきた。同時に、住職不在を早期に解消しようと、関係各所と調整を進めてきた。そんな最中に推薦されたのが、金田さんだった。

金田さんは、福岡県遠賀郡芦屋町にある浄土宗大願寺の子息として誕生。これまで、実家にあたる大願寺で僧侶として従事してきたが、「行安寺の住職として適任」とされ、2020年4月に寒川へやってきた。

その後、約1年の雇用期間を経て、住職の認証を受けた。金田住職は、「コロナ禍の着任でした。まだお会いしたことのない方が大勢いらっしゃる。ご来寺の際にはぜひお声がけいただきたい」と話している。

晋山式は、檀家以外も見学可能となっている。

No image

山門を抜けると見えてくる行安寺の本堂

No image

数十年前の思い出の写真

No image

稚児行列の道順

タウンニュース寒川版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加