冬キャンプのおともにアウトドアおでんはいかが? 『AUDEN』全4種類を実食レビュー!

冬キャンプのおともにアウトドアおでんはいかが? 『AUDEN』全4種類を実食レビュー!

  • ハピキャン(HAPPY CAMPER)
  • 更新日:2021/11/25
No image

少しずつ寒くなり、キャンプでも温かい食べ物がおいしい季節になりましたね!そんなときにおすすめなのが、アウトドアおでん『AUDEN』です。食べきりサイズで調理が簡単なAUDENは、キャンプや登山など、アウトドアの強い味方!今回は4種類すべての味のレビューやおすすめのアレンジもお伝えします。

ありそうでなかったアウトドア用おでん! 『AUDEN』のおすすめポイント

AUDENは、練り物の専門店である『かね貞』から発売されているアウトドアおでんです。

[ 関連記事を読む - キャンプ飯 ]

大根・焼きちくわ・ごぼう巻き・こんにゃく・たまご・さつまあげ・揚げボール(カレー味のみじゃがいも)の7種類の具材が入っており、可愛らしいデザインのパッケージからは想像もつかないほど本格的な味わいを楽しめます!

まずは、そんなAUDENのおすすめポイントをご紹介します。

アウトドアおでん『AUDEN』のおすすめポイント【1】いろいろな味を楽しめる

No image

筆者撮影

AUDENのおすすめポイントの1つ目は、いろいろな味を楽しめることです。

AUDENの味は、かつおだし・みそ・カレー・豆乳の4種類。スタンダードな味だけでなく、カレーや豆乳といった変わり種も楽しめるのは嬉しいですね!

それぞれのだし汁を活かして、雑炊やカレーうどんといったアレンジレシピを作ってみるのも楽しいですよ。

また、味ごとにパッケージのデザインが異なることも特徴の1つ。その日の気分に合ったパッケージのおでんを持ってキャンプに出かければ、なんだかいつもより楽しい気分になれるはずです!

アウトドアおでん『AUDEN』のおすすめポイント【2】調理が簡単

No image

筆者撮影

AUDENのおすすめポイントの2つ目は、調理が簡単であること。

袋のまま湯せんで温めればすぐに食べられるAUDENは、調理に時間をかけずにのんびりとしたいときの食事にピッタリ。

また、常温のままでも食べられるため、夏場は冷製おでんにして食べるのもおすすめですよ。

アウトドアおでん『AUDEN』のおすすめポイント【3】食べきりサイズで持ち運びやすい

No image

筆者撮影

AUDENのおすすめポイントの3つ目は、食べきりサイズで持ち運びやすいことです。

積載を圧迫しないため、キャンプや登山、釣りなど、いろいろなアウトドアシーンで気軽におでんを楽しめます。

また、AUDENのサイズは、ソロキャンプ用のクッカーにピッタリ。湯せんするために大きめの鍋を用意する必要はありません。

グループや家族でたっぷり食べたいという人には少し物足りなく感じるかもしれないので、同じ味のAUDENを複数購入するのが良いかもしれません。

アウトドアおでん『AUDEN』のおすすめポイント【4】常温保存が可能

No image

筆者撮影

AUDENのおすすめポイントの4つ目は、常温保存が可能であること。

キャンプなどのアウトドアでは、食材の鮮度が気になりますよね。クーラーボックスを持っていたとしても、いろいろな食材を詰めすぎて容量オーバーなんてことも。

常温保存が可能なAUDENなら、クーラーボックスの容量を気にすることなく、安心してアウトドアに持ち出すことができます。

なお、賞味期限は製造から半年。購入してからしばらくは、保存食として置いておいても良さそうですね。

▼賢い食料の備蓄方法「ローリングストック」についてもチェック!

アウトドアおでん『AUDEN』を食べ比べ! それぞれの味の特徴やアレンジも

ここからは、4種類のAUDENを食べ比べた感想をお伝えします!

全種類食べてみた結果、どの味もとても味わい深く、リピートしたくなりました!それぞれの味でおすすめのシメの作り方もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アウトドアおでん『AUDEN』の食べ比べ【1】かつおだし

No image

筆者撮影

1つ目にご紹介するのは、かつおだしです。

和風だしのスタンダードなおでんで、万人受けする美味しさ。4種類のうちどれを買うか迷ったら、まずはかつおだしを試してみるのが良いでしょう。

おでんの具を食べ終わったあとは、たまごを入れて雑炊にするのがおすすめ!優しい味わいの雑炊ができるので、お酒を飲みながらAUDENを食べたあとのシメにピッタリです!

アウトドアおでん『AUDEN』の食べ比べ【2】みそ

No image

筆者撮影

2つ目にご紹介するのは、みそ味です。

AUDENのみそは、愛知のみそメーカー『まるや八丁味噌』の八丁みそが使われています。

八丁みそと赤みそがブレンドされた濃厚な味わいが特徴で、だし汁がしみ込んだ大根は最高の一言。
日本酒や焼酎とあわせると格別です!

みそ味のおすすめのシメは、みそ煮込みうどんです。こちらはかね貞の公式オンラインショップ『Nelica Shop』でも紹介されている食べ方。

公式だとめんつゆやチーズを足すレシピになっていますが、濃厚なだし汁なので、調味料を足さずにそのまま煮込んでも美味しく食べられますよ。

▼アウトドア専用うどん『野営うどん』もチェック!

アウトドアおでん『AUDEN』の食べ比べ【3】カレー

No image

筆者撮影

3つ目にご紹介するのは、カレー味です。

カレー味は辛さ控えめで、お子さんでも美味しく食べられそうな味わい。

具材がほかの3種類と異なり、揚げボール(1口サイズのさつま揚げ)の代わりに、じゃがいもが入っています。ほくほくしたジャガイモがカレー味に合っていて、美味しかったです!

カレー味におすすめのシメは、カレーうどんです。だし汁の辛さが控えめなので、七味唐辛子を入れるとアクセントになり、より美味しく食べられますよ。

アウトドアおでん『AUDEN』の食べ比べ【4】豆乳

No image

筆者撮影

4つ目にご紹介するのは、豆乳味です。

おでんに豆乳という新鮮な組み合わせですが、驚きのおいしさ。まろやかな舌触りで、とても食べやすい味でした。筆者的には、豆乳味が一番のおすすめです!

豆乳味のだし汁は、スープとしても成り立つのが特徴。具材を食べ終わったら、温めなおしてそのまま飲むもよし、少し具材を足して食べごたえのあるスープにするのもよしです。

もしシメとしてアレンジしたいのであれば、スープパスタにするのがおすすめです。

刻んだベーコンとキャベツを入れて、パスタを煮込むだけ。味が物足りないなと思ったら、和風だしを少し加えると、より美味しくなりますよ。

アウトドアおでんでキャンプ飯が充実! 秋冬のキャンプに『AUDEN』がおすすめ

No image

筆者撮影

今回は、アウトドアおでん『AUDEN』を紹介しました。

AUDENは味のバリエーションが豊富で、リピートしたくなる美味しさ。湯せんで簡単に作れることもあり、寒い時期のキャンプ飯で活躍すること間違いなしです!

次回のキャンプ飯のレシピを考えている人は、ぜひ試してみてくださいね。

アウトドアおでん『AUDEN』をおともにキャンプを楽しもう! おすすめの冬キャンプ記事もチェック

藤永祐人

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加