向井理「着飾る恋」の恋敵役で大反響!GP帯ドラマ主演返り咲きもある?

向井理「着飾る恋」の恋敵役で大反響!GP帯ドラマ主演返り咲きもある?

  • アサジョ
  • 更新日:2021/06/11
No image

女優・川口春奈が主演を務めるドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第8話が6月8日に放送され、横浜流星と向井理のイケメンバトルにネットが炎上している。

【関連記事】横浜流星のセリフ「多分好きだね」にキュンキュン!“ニュー流星”の魅力全開

このドラマは、シェアハウスが舞台のラブストーリー。第8話では、駿(横浜)がかつて務めていたスペイン料理店「オルテンシア」が今も営業を続けていることを元恋人の葉菜(山本千尋)から聞き、店を投げ出した自分を恥じてオーナーの福本(近江谷太朗)に謝罪。店のアラカルトメニュー25品を1週間で覚えることに挑む。駿を本気にさせた原動力は、“シャチ”こと葉山祥吾(向井)よりも真柴くるみ(川口)にふさわしい自分になるため。しかし、そんな駿に対して葉山は『真柴のこと、頼むね。もし頼めないなら、遠慮はしない』と宣戦布告するのだった。

その一方で、忙しい駿とのすれ違いで不安な気持ちを募らせていく真柴。駿とフレンチレストランにデートに行く約束をしたのだが‥‥。

「店の営業が長引き、約束したデートの時間に間に合わない駿は、今まで使って来なかった携帯から電話するも見知らぬ番号を真柴はスルー。代わりに行くという葉山。葉山と駿は、ダッシュで待ち合わせ場所目指す。しかし駿の目の前で、真柴は葉山とタクシーに乗り去って行く。駿が『くるみ』と叫ぶラストシーンに『シャチと駿くんの全力ダッシュ!!大興奮』『きゅんが止まらない』『これは神回』などのコメントが多数書き込まれました」(芸能ライター)

横浜流星の恋敵として、回を追うごとに存在感を増していく向井に、大きな注目が集まっている。

「向井は、2019年のドラマ『わたし、定時に帰ります。』(TBS系)で吉高由里子演じるヒロインの元婚約者役を演じて、憧れの胸キュン上司として再ブレイク。今回も恋敵役で脚光を浴び、再びGP帯の主人公に返り咲く可能性も出てきました」(女性誌記者)

不惑を前に、向井理から目が離せない。

(窪田史朗)

アサジョ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加